【日本代表コラム】積極果敢なチャレンジを2015.08.06 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽過密日程、疲労、選手の発掘、といった要素から、全選手の入れ替えも予想された韓国戦だったが、日本代表はGK西川、DF遠藤、森重、槙野、MF山口、FW永井の6選手が北朝鮮戦に引き続き先発した。チームのバランスを大きく崩したくなかったこともあるとは思うが、北朝鮮戦でやられた形を“復習”しておきたいとの考えもあったのではないだろうか。

▽対する韓国は、初戦の中国戦から8選手が入れ替わるなか、長身(196㎝)のFWキム・シンウクが先発。これ以上ない復習の場になるかと思われた。しかし、攻撃はキム・シンウクに当てるというより、ピッチをワイドに使いながら両サイドから崩そうとする形が多く、日本としては逆に助けられた部分もあったように思う。ただ、その中でもキム・シンウクは存在感があり、マッチアップする機会の多かった槙野は終始苦戦を強いられた。

▽しかし、槙野は苦しみながらも身体をしっかりと寄せ、ゴールから遠い位置ではよりアグレッシブにタイトなマークを見せるなど、簡単にはプレーをさせなかった。それは森重も同様で、PKを与えたあとも気持ちを切り替え、最後まで集中力を切らせることはなかった。もちろん、ファウルで止めるしかない状況も多く、よりシンプルにキム・シンウクの高さを使われていたら厳しかったかもしれない。それでも良いチャレンジであり、及第点を与えてもいい内容だったと思う。

▽その一方で、攻撃の形をつくることは“ほぼ”できなかった。山口のチャレンジが実を結んだが、あの内容で「よく得点を奪えたな」というのが率直な感想だ。「まず韓国のオフェンスをしっかりとブロックしてから前に出るよう伝えた」という指揮官の言葉も影響したのか、北朝鮮戦の悪夢が脳裏をよぎったのか、最終ラインの位置が低く、それにつられて中盤も下がるため、ボールを回収する位置が必然的に低くなった。そして、クリアしたボールや繋ごうとしたボールがことごとく拾われる。特に序盤はその繰り返しだった。

▽結果、なかなかハーフウェイラインを越えられず、最前線にボールを収められる興梠を起用しながら、ボールが入らない時間が続いた。当然、守勢となり、フィニッシュまで持ち込むことなどできない。シュート自体が数えるほどだったが、その厳しい状況の中でも、興梠の足元にボールが入れば収まって起点となったし、倉田の献身性と確かな技術や、藤田の危機察知能力と球際など、新たな戦力候補の光る部分も見られた。

▽とはいえ、倉田は攻撃面で違いとなる“プラスアルファ”を見せてほしかったし、藤田はボールを受ける動きや縦への意識がもう少しほしかった。また、興梠もシュートまで持ち込む場面を作れず、海外組を脅かすようなパフォーマンスだったとは言えないだろう。それは、指揮官から大きな期待を寄せられているMF柴崎やDF太田にも言えることだ。彼らにはもっとチャレンジしてほしかった。

▽残すは、開催国である中国との対戦のみ。今度は中3日と、コンディションを整える時間が多少ながら与えられる。過去2戦に比べれば、より良い状態で試合に臨めるだろう。ここまで出場機会がない選手も起用されるはずだ。韓国戦では、相手の力量に加え、初戦の負け方が良くなかったことも影響してか、消極的なプレーが散見された。しかし、自身の価値をアピールするまたとない機会でもある。ミスを恐れない積極果敢なチャレンジで、海外組を脅かすようなプレーを見せてもらいたい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

キリンが日本代表のアジア最終予選の軌跡を振り返るスペシャルムービーを公開! “縦型動画” で名場面の感動と興奮が蘇る

▽キリン株式会社は21日、あと1勝に迫った日本代表のアジア最終予選-ROAD TO RUSSIA突破に向けて、ここまでの試合の軌跡を振り返る動画『サムライブルータイムライン | 3分で振り返るアジア最終予選ダイジェスト』を公開した。 ▽この動画は、予選突破に向けて奮闘する日本代表のここまでの試合のハイライトを、スマートフォンに最適な“縦型動画”で描いているもの。初戦のUAE戦での敗北やイラク戦んでの劇的な勝ち越しゴールなど、数々の名場面とそれに湧き上がるサポーターの熱量を、SNSのタイムラインを模した演出で表現している。 ▽初戦に敗れたチームが予選を突破できる確率はデータ上で“0%"と言われているが、日本代表は現在グループ首位。残り2試合で1勝すれば、本戦出場が決定する。公開された動画『サムライブルータイムライン|3分で振り返るアジア最終予選ダイジェスト』には、「代表選手だけでなく、ファンやサポーターも含めた皆で、共に戦っていこう」というサッカー日本代表オフィシャルパートナーとしてのキリンからのメッセージが込められている。8月31日のオーストラリア戦の前にこの動画をチェックしよう。 <div id="cws_ad" style="text-align:left;">◆サムライブルータイムライン|3分で振り返るアジア最終予選ダイジェスト</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><iframe style="display: block; margin: 0px auto;width: 100% !important;height:315px;" src="https://www.youtube.com/embed/eaKN8YiORV8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe></div> 2017.08.21 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

U-25フットサル日本代表候補が発表!! 首位の名古屋からは八木ら4名が選出! 清水&植松のフル代表コンビも招集へ《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、今月21日から名古屋で行われるU-25フットサル日本代表候補キャンプに臨むメンバー19名を発表した。 ▽今回のメンバーでは、Fリーグで首位を走る名古屋オーシャンズからFP八木聖人、FP橋本優也、FP齋藤功一、FP平田ネトアントニオマサノリの4人が選出。またフル代表としても活躍するフウガドールすみだのFP清水和也や湘南ベルマーレのFP植松晃都も選出されている。 ▽U-25フットサル日本代表候補は、21日に集合しトレーニングを開始。22日には2部トレーニングを行い、23日午前中まで合宿を行う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-25フットサル日本代表候補メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">三浦拓(エスポラーダ北海道)</span> <span style="font-weight:700;">矢澤大夢(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上原拓也(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">松浦勇武(アグレミーナ浜松)</span> <span style="font-weight:700;">森村孝志(バサジィ大分)</span> <span style="font-weight:700;">田村佳翔(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">田村友貴(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">室田祐希(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">堀内迪弥(ヴォスクオーレ仙台)</span> <span style="font-weight:700;">堀米将太(シュライカー大阪)</span> <span style="font-weight:700;">原辰介(ペスカドーラ町田)</span> <span style="font-weight:700;">八木聖人(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">橋本優也(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">齋藤功一(名古屋オーシャンズ)</span> <span style="font-weight:700;">平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズサテライト)</span> <span style="font-weight:700;">大薗諒(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">上村充哉(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">清水和也(フウガドールすみだ)</span> <span style="font-weight:700;">植松晃都(湘南ベルマーレ)</span> 2017.08.16 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

AFCが日本代表のW杯予選最新予備登録リスト100名を公開

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦っている日本代表。残り2試合でW杯出場権獲得を目指しているが、アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトでは予備登録を含めたビッグリストが公開された。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が日本代表候補に考えているリストには100名の名前が記載。内訳はGKが8名、DFが28名、MFが37名、FWが27名となっている。なお、海外クラブに所属しているのは27名で、Jリーグ勢からは72名、無所属1名がリスト入りした。 ▽最も多くリストに入っているのは、FC東京の12名、次いで浦和レッズ(9名)、ガンバ大阪(8名)、鹿島アントラーズ(6名)、川崎フロンターレ(6名)となっている。そのほかJ1クラブでは、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟、清水エスパルス、ジュビロ磐田、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖からリスト入り。J2クラブもジェフユナイテッド千葉、ファジアーノ岡山から1名ずつがリスト入りした。 ▽日本代表は8月31日にホームでオーストラリア代表と、9月5日にアウェイでサウジアラビア代表と対戦し、アジア最終予選の全日程を終える。現在グループ首位の日本はあと1勝で6大会連続6度目のW杯出場が決定する。AFCが公表した日本代表予備登録メンバー100名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆日本代表予備登録メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span>(8名) <span style="font-weight:700;">西川周作</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">林彰洋</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">六反勇治</span>(清水エスパルス) <span style="font-weight:700;">東口順昭</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">権田修一</span>(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">櫛引政敏</span>(ファジアーノ岡山) <span style="font-weight:700;">川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">DF</span>(28名) <span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">植田直通</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">槙野智章</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">宇賀神友弥</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">森重真人</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">丸山祐市</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">室屋成</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">小川諒也</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">太田宏介</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">武岡優斗</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">松原健</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">川口尚紀</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">大武峻</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">藤春廣輝</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">米倉恒貴</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">岩波拓也</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">水本裕貴</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">丹羽大輝</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">長友佑都</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">内田篤人</span>(シャルケ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">塩谷司</span>(アル・アイン/UAE) <span style="font-weight:700;">鈴木大輔</span>(ヒムナスティック・タラゴナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span>(37名) <span style="font-weight:700;">遠藤康</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">永木亮太</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">柏木陽介</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">長澤和輝</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">遠藤航</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">江坂任</span>(大宮アルディージャ) <span style="font-weight:700;">細貝萌</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">大谷秀和</span>(柏レイソル) <span style="font-weight:700;">橋本拳人</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">中島翔哉</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">高萩洋次郎</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">米本拓司</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">中村憲剛</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">大島僚太</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">喜田拓也</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">齋藤学</span>(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">山口蛍</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">清武弘嗣</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">藤田直之</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">大森晃太郎</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">高橋秀人</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">青山敏弘</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">柴崎晃誠</span>(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">長谷部誠</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">本田圭佑</span>(パチューカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">加藤恒平</span>(ベロエ・スタラ・ザゴラ/ブルガリア) <span style="font-weight:700;">小林祐希</span>(ヘーレンフェーン/オランダ) <span style="font-weight:700;">南野拓実</span>(ザルツブルク/オーストリア) <span style="font-weight:700;">森岡亮太</span>(ベベレン/ベルギー) <span style="font-weight:700;">瀬戸貴幸</span>(オスマンルシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">柴崎岳</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">関根貴大</span>(インゴルシュタット/ドイツ) <span style="font-weight:700;">山田大記</span>(無所属) <span style="font-weight:700;">FW</span>(27名) <span style="font-weight:700;">金崎夢生</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">鈴木優磨</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">高木俊幸</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">武藤雄樹</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">大久保嘉人</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">永井謙佑</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">小林悠</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">鈴木武蔵</span>(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">長沢駿</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">柿谷曜一朗</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">田中順也</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">ハーフナー・マイク</span>(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">豊田陽平</span>(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">指宿洋史</span>(ジェフユナイテッド千葉) <span style="font-weight:700;">浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">原口元気</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">久保裕也</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">宮市亮</span>(ザンクト・パウリ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">武藤嘉紀</span>(マインツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">岡崎慎司</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">大迫勇也</span>(ケルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">宇佐美貴史</span>(アウグスブルク/ドイツ) 2017.08.12 13:08 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジルがFIFAランク1位に返り咲き! 日本はオーストラリア抜きアジア2番手に

▽国際サッカー連盟(FIFA)は10日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽上位陣は、ドイツ代表を追い抜いてブラジル代表が6月以来の首位に立った。また、フランス代表が順位を1つ下げて10位に。入れ替わるようにベルギー代表が9位に浮上し、トップ10に滑り込んだ。その他、CONCACAFゴールドカップの決勝でジャマイカ代表を2-1で破り、タイトルを獲得したアメリカ代表が順位を9つ上げ、26位にジャンプアップした。 ▽また、日本代表は順位を2つ上げ、44位にランクアップ。45位のオーストラリア代表を追い抜き、アジアではイラン代表の24位に続いて2位に位置している。 ◆<span style="font-weight:700;">8月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ブラジル(2) 2.ドイツ(1) 3.アルゼンチン(3) 4.スイス(5) 5.ポーランド(6) 6.ポルトガル(4) 7.チリ(7) 8.コロンビア(8) 9.ベルギー(10) 10.フランス(9) 11.スペイン(11) 12.イタリア(12) 13.イングランド(13) 14.メキシコ(16) 15.ペルー(14) 16.クロアチア(15) 17.ウルグアイ(17) 18.ウェールズ(20) 19.スウェーデン(18) 20.アイスランド(19) 21.コスタリカ(26) 22.スロバキア(21) 23.北アイルランド(22) 24.イラン(23) 25.エジプト(24) 26.アメリカ(35) 27.ウクライナ(25) 28.DRコンゴ(28) 29.アイルランド(29) 30.ボスニア・ヘルツェゴビナ(30) 31.セネガル(27) 32.エクアドル(31) 33.トルコ(33) 34.チュニジア(34) 35.カメルーン(36) 36.オランダ(32) 37.オーストリア(37) 38.ギリシャ(38) 38.ナイジェリア(39) 40.チェコ(40) 40.パラグアイ(40) 42.セルビア(42) 42.ルーマニア(42) 44.日本(46) 45.オーストラリア(45) 46.デンマーク(47) 47.ブルキナファソ(44) 48.アルジェリア(48) 49.韓国(51) 50.ガーナ(50) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(24) 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(44)</span> 3.オーストラリア(45) 4.韓国(49) 5.サウジアラビア(59) 6.ウズベキスタン(64) 7.UAE(74) 8.中国(77) 9.カタール(78) 10.シリア(80) 2017.08.10 18:37 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表の参戦が決定!『BFBチャンピオンズ2.0』では限定グッズが当たるキャンペーンも実施

▽『BFBチャンピオンズ2.0 〜Football Club Manager〜』(以下、『BFBチャンピオンズ2.0』)を配信する株式会社サイバードは9日、日本代表の選手たちがゲーム内に登場する、日本代表キャンペーンの実施を発表した。 ▽『BFBチャンピオンズ2.0』では、8月15日のメンテナンス後よりゲーム内に日本代表の選手たちが登場。ゲーム内に続々登場する他、日本代表に関連したアイテムなどがもらえる豪華キャンペーンを多数実施予定となっている。 ●キャンペーン開始予定日時(日本時間):2017年8月15日(火)メンテナンス後 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">☆</span>『BFBチャンピンズ2.0』をダウンロード<span style="color:#ff0000;">☆</span> <a href="https://goo.gl/gLYgia" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> <span style="font-weight:700;">■日本代表参戦決定記念!限定グッズが当たるリツイートキャンペーンを実施中!</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20170809_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>日本代表キャンペーン実施決定を記念して、限定グッズが当たるTwitterキャンペーンを実施中です。『BFBチャンピオンズ 2.0』日本公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーン対象ツイートをリツイートした方の中から抽選で、「オリジナルモバイルバッテリー」または「オリジナル折りたたみうちわ」を、それぞれ10名様にプレゼントします。 ・日本公式Twitterアカウント @BFBChampionsJP(<a href="https://twitter.com/BFBChampionsJP" target="_blank">https://twitter.com/BFBChampionsJP</a>) ※日本国内にお住まいの方のみが対象になります。 ●応募期間(日本時間):~2017年8月15日(火)19:59 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">☆</span>『BFBチャンピンズ2.0』をダウンロード<span style="color:#ff0000;">☆</span> <a href="https://goo.gl/gLYgia" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> 2017.08.09 23:38 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース