超ワールドサッカー

【日本代表コラム】積極果敢なチャレンジを2015.08.06 14:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽過密日程、疲労、選手の発掘、といった要素から、全選手の入れ替えも予想された韓国戦だったが、日本代表はGK西川、DF遠藤、森重、槙野、MF山口、FW永井の6選手が北朝鮮戦に引き続き先発した。チームのバランスを大きく崩したくなかったこともあるとは思うが、北朝鮮戦でやられた形を“復習”しておきたいとの考えもあったのではないだろうか。

▽対する韓国は、初戦の中国戦から8選手が入れ替わるなか、長身(196㎝)のFWキム・シンウクが先発。これ以上ない復習の場になるかと思われた。しかし、攻撃はキム・シンウクに当てるというより、ピッチをワイドに使いながら両サイドから崩そうとする形が多く、日本としては逆に助けられた部分もあったように思う。ただ、その中でもキム・シンウクは存在感があり、マッチアップする機会の多かった槙野は終始苦戦を強いられた。

▽しかし、槙野は苦しみながらも身体をしっかりと寄せ、ゴールから遠い位置ではよりアグレッシブにタイトなマークを見せるなど、簡単にはプレーをさせなかった。それは森重も同様で、PKを与えたあとも気持ちを切り替え、最後まで集中力を切らせることはなかった。もちろん、ファウルで止めるしかない状況も多く、よりシンプルにキム・シンウクの高さを使われていたら厳しかったかもしれない。それでも良いチャレンジであり、及第点を与えてもいい内容だったと思う。

▽その一方で、攻撃の形をつくることは“ほぼ”できなかった。山口のチャレンジが実を結んだが、あの内容で「よく得点を奪えたな」というのが率直な感想だ。「まず韓国のオフェンスをしっかりとブロックしてから前に出るよう伝えた」という指揮官の言葉も影響したのか、北朝鮮戦の悪夢が脳裏をよぎったのか、最終ラインの位置が低く、それにつられて中盤も下がるため、ボールを回収する位置が必然的に低くなった。そして、クリアしたボールや繋ごうとしたボールがことごとく拾われる。特に序盤はその繰り返しだった。

▽結果、なかなかハーフウェイラインを越えられず、最前線にボールを収められる興梠を起用しながら、ボールが入らない時間が続いた。当然、守勢となり、フィニッシュまで持ち込むことなどできない。シュート自体が数えるほどだったが、その厳しい状況の中でも、興梠の足元にボールが入れば収まって起点となったし、倉田の献身性と確かな技術や、藤田の危機察知能力と球際など、新たな戦力候補の光る部分も見られた。

▽とはいえ、倉田は攻撃面で違いとなる“プラスアルファ”を見せてほしかったし、藤田はボールを受ける動きや縦への意識がもう少しほしかった。また、興梠もシュートまで持ち込む場面を作れず、海外組を脅かすようなパフォーマンスだったとは言えないだろう。それは、指揮官から大きな期待を寄せられているMF柴崎やDF太田にも言えることだ。彼らにはもっとチャレンジしてほしかった。

▽残すは、開催国である中国との対戦のみ。今度は中3日と、コンディションを整える時間が多少ながら与えられる。過去2戦に比べれば、より良い状態で試合に臨めるだろう。ここまで出場機会がない選手も起用されるはずだ。韓国戦では、相手の力量に加え、初戦の負け方が良くなかったことも影響してか、消極的なプレーが散見された。しかし、自身の価値をアピールするまたとない機会でもある。ミスを恐れない積極果敢なチャレンジで、海外組を脅かすようなプレーを見せてもらいたい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

優勝を目指す日本、後藤が5ゴールと大暴れし初戦で大勝!!《ビーチサッカーW杯》

▽ビーチサッカー日本代表は28日、ビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)バハマ2017の初戦でビーチサッカー・ポーランド代表と対戦し、9-4と大勝した。 ▽サッカーファミリーの中でも一番頂点に近いと言われているビーチサッカー日本代表。初戦では欧州予選を勝ち上がってきたポーランドと激突した。 ▽日本はGK照喜名辰吾、FP田畑輝樹、大場崇晃、後藤崇介、そしてキャプテンの茂怜羅オズがスターティング5に名を連ねた。第1ピリオドは日本が優位に試合を進めると、4分、5分と立て続けに後藤がネットを揺らして先行する。 ▽続く第2ピリオドは相手に2点を奪われるも、日本も大場崇晃、後藤が2ゴール、飯野智之、山内悠誠もネットを揺らすなど7-2と大きく突き放す。最後の第3ピリオド、27分には後藤のこの試合5点目を奪取。最終スコア9-4と日本が大勝して初戦を終えた。 ▽なお、日本代表は日本時間30日の28時30分から第2戦でタヒチ代表と対戦する。 日本 9-4 ポーランド 【日本】 後藤崇介(4分) 後藤崇介(5分) 大場崇晃(16分) 後藤崇介(18分) 後藤崇介(22分) 飯野智之(22分) 山内悠誠(23分) 後藤崇介(27分) 山内悠誠(30分) 【ポーランド】 Jakub JESIONOWSKI(18分) Boguslaw SAGANOWSKI(19分) Boguslaw SAGANOWSKI(26分) Witold ZIOBER(36分) ◆日本メンバー 【スタメン】 GK 照喜名辰吾 FP 田畑輝樹 大場崇晃 茂怜羅オズ 後藤崇介 【控え】 GK 河合雄介 FP 鈴木将人 原口翔太郎 山内悠誠 飯野智之 小牧正幸 赤熊卓弥 監督 マルセロ・メンデス 2017.04.29 09:03 Sat
twitterfacebook
thumb

U-20W杯直前のU-20日本代表、エコパでU-20ホンジュラス代表と激突《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、5月15日に静岡県のエコパスタジアムで行われる国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦することを発表した。夜開催の同試合は、入場料無料となっている。 ▽U-20日本代表は5月2日、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の世界大会出場となるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に臨むメンバー21名を発表。グループリーグでは南アフリカ、イタリア、ウルグアイと同居する。 ▽なお、U-20日本代表は11日から同大会に向けた合宿が行われる予定だ。 2017.04.28 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースのFW棚橋尭士がケガのためU-17日本代表のギニア・UAE遠征を辞退

▽日本サッカー協会は28日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表に招集されていた横浜F・マリノスユースのFW棚橋尭士が不参加になることを発表した。 ▽棚橋はケガのために不参加となり、追加招集は行わないとのことだ。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) <span style="text-decoration: line-through;font-weight:700;">14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)</span>※ケガのため 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.28 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

限定2万枚! “ジョホールバルの歓喜”で着用した日本代表ユニをアディダスが現代的にリデザインして復刻発売!

▽あの画像の全貌が明らかになった。マルチスポーツブランドのアディダス ジャパンは27日、日本代表が初めてワールドカップ(W杯)出場を決めた1997年から今年で20周年目を迎えるにあたり、“FIFA ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”の発売を発表した。 ▽1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで歴史的な出来事が起きた。サッカー好きであれば、一度は耳にしたことがあるであろう“ジョホールバルの歓喜”。日本が初めてW杯出場を決めたイラン代表戦に多くの日本サッカーファンが歓喜した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アディダス ジャパンは今回、その試合で着用した印象的なユニフォームを現代的にリデザインし、現行モデルのテクノロジーをそのままに進化させたメモリアルユニフォームを発売。先行画像で見られた袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。発売は5月1日 0時から2万枚限定で発売。オーセンティックユニフォーム(半袖)[画像左]は1万4000円(税抜)、レプリカユニフォーム(半袖)は8990円(税抜)で発売。また、KIDS用のレプリカユニフォーム(半袖)[画像右]は6900円(税抜)となっており、ショーツやソックス、GKモデルは発売されない。 2017.04.27 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《ギニア・UAE遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FC東京U-18のMF平川怜や京都サンガF.C.U-18のMF福岡慎平、セレッソ大阪U-18のDF瀬古歩夢らが順当に選出されている。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.26 20:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース