アンデルレヒト、サンプドリアからオカカを獲得2015.07.29 01:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アンデルレヒトは28日、サンプドリアからイタリア代表FWステファーノ・オカカ(25)を獲得したことを発表した。背番号は99番。契約の詳細は明らかにされていないが、ベルギー『Het Laatste Nieuws』によると移籍金は300万ユーロ(約4億1000万円)程度になる模様だ。

▽28日にメディカルチェックを終えたオカカは、ベルギーを新天地に選んだことについて以下のように語っている。

「僕はアンデルレヒトを選んだ。大きな組織を持っているクラブだね。この素晴らしい家族に魅了された。ここには偉大な選手がいたし、ベルギーで最も有名なクラブだということを知っている。僕は楽しむつもりだ。そして、チームに適応するために監督の指示に従い、チームメートとうまくやって全ての試合に勝ちたい。ここでプレーできることを光栄に思う。サポーターを喜ばせたいね」

▽ローマの下部組織出身であるオカカは、2014年1月にパルマからサンプドリアに移籍。現ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督の下で屈強なセンターフォワードとして復活を遂げ、昨シーズンはリーグ戦32試合に出場して4ゴールを記録した。また、2014年にはイタリア代表デビューも果たしている。

▽同選手には以前からセリエA昇格を果たしたボローニャやプレミアリーグのワトフォードが関心を示していると言われていたが、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ(20)をニューカッスルに放出したアンデルレヒトが後釜の確保に成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン復帰のボラシエがアンデルレヒトに即レンタル

アンデルレヒト(ベルギー)は2月1日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンからのレンタルで加入することを発表した。期限は今シーズン終了まで。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエは、2012年から2016年まで在籍したクリスタル・パレスで活躍。今シーズンは、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)21試合2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況に。先日にはエバートンへの復帰が発表されていたが、すぐにベルギーの地に活躍の場を移すこととなった。 2019.02.01 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

森岡亮太がレンタルでシャルルロワへ! 3年間の買取OP付き

ベルギー1部リーグに所属するシャルルロワは30日、アンデルレヒトからMF森岡亮太(27)を今シーズン終わりまでのレンタルで獲得したことを発表した。契約には3年間の買い取りオプションが付随している。 2018年1月にべベレンからアンデルレヒトに加入した森岡。同シーズンのジュピラー・プロ・リーグ6試合では3ゴール3アシストを記録し、優勝プレーオフ10試合でも3ゴール1アシストと結果を残した。だが、今シーズンは出場機会が減少し、ここまでリーグ戦6試合に留まっていた。 森岡の獲得を発表したシャルルロワはクラブの公式サイトで、「彼はゼブラユニフォームを身に着ける初めての日本人として、クラブの歴史に名を刻んだ」というコメントを残している。 2019.01.31 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“アンデルレヒトの10番”森岡亮太、シャルルロワにレンタルか…今季リーグ戦出場わずか6試合

アンデルレヒトに所属する元日本代表MF森岡亮太(27)に、シャルルロワへのレンタル移籍の可能性が浮上している。ベルギー『Het Laatste Nieuws』が伝えた。 2018年1月にべベレンからアンデルレヒトに加入した森岡。同シーズンのジュピラー・プロ・リーグ6試合では3ゴール3アシストを記録し、優勝プレーオフ10試合でも3ゴール1アシストと結果を残した。だが、今シーズンは出場機会が減少し、ここまでリーグ戦6試合に留まっている。 そんな森岡に対して現在、同国リーグで8位に位置するシャルルロワが獲得に興味を示している。既報では、シャルルロワが150万ユーロ(約1億9000万円)のオファーを提示したが、アンデルレヒトはこれを拒否した模様。そこで今回、シャルルロワは100万ユーロ(1億2400万円)での買い取りオプションが付随したレンタル移籍での獲得を目指すという。また、優勝プレーオフでアンデルレヒトと対戦する場合に森岡の出場を可能とするため、給与全額を負担する構えのようだ。 今冬の移籍市場も残りわずか。果たして移籍は実現するのだろうか。 2019.01.29 08:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒトが森岡亮太へのオファーを拒否…2億円の提示額に「安すぎる」

アンデルレヒトがシャルルロワからの森岡亮太へのオファーを拒否したことがわかった。ベルギー『Het Laatste Nieuws』などが報じている。<br><br>昨冬からアンデルレヒトで10番を背負ってプレーする森岡は、今シーズンの序盤は出遅れるものの、昨年12月からは徐々に出場機会を増やしている。しかし、リーグ戦が再開した20日のヘント戦に途中出場した同選手に対して、中断期間中からチームを率いるフレット・ルッテン新監督は「交代してから明らかにチームのクオリティが下がった」と厳しいコメントを残していた。<br><br>新指揮官からのネガティブな発言を受け、複数のベルギーメディアは森岡が今冬の移籍市場で退団するのではないかと報じる。そんな中、同選手の獲得に興味を示したのが現在ベルギー・ジュピラーリーグで6位につけるシャルルロワ。日本人司令塔に対して150万ユーロ(約1億9000万円)のオファーを提示したようだ。<br><br>しかし、昨年1月に森岡を獲得した際にワースランド・ベフェレンに300万ユーロ(当時約4億円)を支払ったとされるアンデルレヒトはこのオファーを&ldquo;安すぎる&rdquo;という理由で拒否した模様。同クラブは最低でも250万ユーロ(約3億1000万円)程度を要求しているようで、これ以下の提示額には応じるつもりがないようだ。<br><br>さらに、森岡の売却には前向きとされているものの、プレーオフ争いを演じる直接のライバルの補強を手助けしたくはないとも考えられている。今冬の移籍市場の閉幕まで残りわずかだが、森岡の去就はどのように決着するのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.01.27 14:50 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡の去就にも影響? アンデルレヒト新指揮官にルッテン氏! PSVやフェイエ、シャルケで指揮

アンデルレヒトは6日、オランダ人指揮官のフレット・ルッテン氏(56)の新指揮官就任を発表した。なお、現時点で契約期間に関する詳細は明かされていない。 昨年12月、成績不振を理由にハイン・ヴァンハーゼブルック前監督(54)を解任したアンデルレヒト。その後任として選出されたのは現役時代にオランダ代表DFとして活躍したルッテン氏となった。 現役引退後、母国トゥベンテで監督キャリアをスタートしたルッテン氏はシャルケやPSV、フィテッセ、フェイエノールト、UAEのアル・シャバーブの指揮官を歴任。直近はイスラエルのマッカビ・ハイファを指揮していた。 アンデルレヒトはジュピラーリーグ第21節終了次点で5位に低迷。ルッテン氏の下で後半戦での巻き返しを図れるか。なお、前体制下で公式戦9試合の出場にとどまった元日本代表MF森岡亮太は新指揮官の信頼を獲得し、レギュラーの座を掴むことはできるのだろうか。 2019.01.07 15:39 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース