【日本代表コラム】新たな世代の胎動2015.06.12 14:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽素早い攻守の切り替えを見せ、少ないタッチでパスを回し、距離感を保ちながらタテへの速さを意識する。ヴァイッド・ハリルホッチ監督の就任後、3度の合宿(国内組合宿含む)の中で意識づけし、行ってきた練習の成果がしっかりと落とし込まれた試合だった。

◆4と0
▽4-0という結果だと「4」の方に注目が集まりがちだが、個人的には「0」の内容が良かったと思っている。親善試合であること、ホームであること、対戦相手のパフォーマンスといった要素もあるが、ほとんどチャンスを作らせなかった。特に前半はバイタルエリアに入られることなく、ほぼ完ぺきな内容。危ない場面がなかったわけではないが、前半の被シュートは1本で、試合を通した被シュートもわずか3本だった。

▽指揮官が試合後に語ったように、1試合を通してこの強度を保つことは難しいし、選手交代の枠も限られている。そのあたりのマネジメントは大事だが、この試合の序盤に見せた強度のまま、シンガポール戦に臨んでも大きな問題にはならないだろう。海外組のコンディションを見る限り、千葉で行った直前合宿は成果を収めたと言えそうだ。

▽また、ゴールに向かう意識の高さも「0」の要因の1つだったと思う。序盤から積極的にミドルシュートを狙う場面が多く、しっかりとフィニッシュで終わることでカウンターを受ける機会を減らしたし、消極的なパスが少なかったことで不用意な横パスやバックパスを狙われることも少なかった。

◆二人の23歳
▽まず「0」の内容が良かったという話をしたが、「4」の方にも触れないわけにもいかない。そして、その攻撃をけん引したのが、7番と11番を背負う二人の23歳、MF柴崎岳とFW宇佐美貴史だ。もちろん、その陰には本田や岡崎のウラへの意識、長谷部の切り替えやタテへの意識といったものもある。

▽しかし先制点は、柴崎の視野の広さと準備、パスの精度があってこそ。それ以外の局面でも、流れるようなタイミングで出されるタテパス、素早い戻りやセカンドボールへの反応など、攻守に存在感を示した。その中でも印象に残っているのは26分の場面、後方からフリーで縦パスを受けようとすると、そのタイミングと同時に前線の4選手がウラを狙う動き出しを見せた。この場面に、新たな7番に対する攻撃陣の信頼度の高さがうかがえた。

▽さらに、32分に生まれた岡崎のゴールは、柴崎のタテパスを受けた宇佐美の中央突破から生まれた。半分は宇佐美のゴールと言っても差し支えはないだろう。あの狭い局面でのボールコントロールはさすが。またG大阪でのプレーのように、左サイドからのクロスやシュート、サイドバックとの連係で攻撃の起点となり、コンパクトな振りから繰り出されるミドルシュートでゴールを脅かした。この位置には、同世代の武藤や原口も控えているだけに、彼らとともに切磋琢磨し、確固たる存在として代表をけん引してもらいたい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京DF森重真人、“先輩”MF今野泰幸の偉大さを再確認…「改めて良い選手だなと」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、ミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対したDF森重真人(FC東京)が、先のUAE代表戦で出色のパフォーマンスを披露しながら負傷離脱したMF今野泰幸(ガンバ大阪)について言及。久々の共演を得て「改めて良い選手」と述べ、2010年から2シーズンにわたってFC東京でチームメイトだったダイナモの偉大さを再確認したことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆DF森重真人(FC東京) <span style="font-weight:700;">──UAE戦を振り返って</span> 「色々なアクシデントはあったけど、全員が勝つためにプレーできたと思うし、その気持ちもゲームの中で見せることができた」 <span style="font-weight:700;">──MF今野泰幸との久々のプレー</span> 「やっぱり良い選手だなと、後ろから見ていても思った。ガンバと戦ったときも、相手としてすごく嫌な選手だと感じさせられた」 「それが今回、一緒にプレーできたのは個人的に嬉しかったし、すごいチームのために結果を残してくれた。改めて良い選手だなと」 2017.03.27 00:10 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和GK西川周作「落とすと取り返しがつかない」…来たるタイ戦に警戒心《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、GK西川周作(浦和レッズ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。グループB最下位に沈むタイ代表戦に向けて、「落とすと取り返しがつかない」と述べ、警戒心を募らせた。 <span style="font-weight:700;">◆GK西川周作</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「自分としては常に良い準備をしておくことがテーマにある。ここ数日も良い準備ができていて、チーム全体としてもミニゲームをやったり、緊張感のあるトレーニングができている。全員が同じ方向を見ることができていると思う。UAEに勝ったからといって、浮かれている人も1人もいない。UAE戦での勝利を生かすためにも、タイ戦は必ず勝たないといけないので、勝ち点を積み重ねたい」 <span style="font-weight:700;">──監督の引き締め</span> 「監督から『タイ戦は罠』だということを言われていて、これを落としてしまうと取り返しのつかないことになるという危機感がある。自分たちもそのつもりで試合に臨まなければならないと思っている」 <span style="font-weight:700;">──チームが攻撃時におけるディフェンス陣の注意点</span> 「GKとしても、ディフェンスと上手くコミュニケーションを取りながら、練習からやれている。上手く時間を作ることは、1つの手かなと。早くやるのも1つのリズムだが、流れが悪いときにGKのところで時間を作ったり、ディフェンスの背後に蹴ることでラインを上げて、前がかりに行くことも1つの手。そこは流れを見ながら、個々がやっていければと思う」 <span style="font-weight:700;">──一発の危険性</span> 「ミーティングでも、(タイの攻撃陣を)フリーにさせてしまうと、仕事をやってのけてしまうクオリティがあることを再確認した。一対一のところで負けない、フリーにさせないというところは徹底してやっていきたい」 2017.03.27 00:05 Mon
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都、ハリルのカメレオン戦術を歓迎…タイは「侮れない相手」と警戒《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、DF長友佑都(インテル/イタリア)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。対戦相手によって、顔ぶれやフォーメーションを変更する柔軟な戦術が対戦相手に「戸惑いやメンタルのブレ」を生じさせるとし、歓迎の姿勢をみせた。 <span style="font-weight:700;">◆DF長友佑都</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気</span> 「雰囲気は良い感じ。ただ、ここは引き締めないと。もちろん、監督も言っていた。『ここで調子に乗ったら、足元をすくわれるぞ』と。良い勝ちが台無しになってしまうことを選手も理解しているので、しっかりと引き締めていきたい」 <span style="font-weight:700;">──タイの映像はチェックしたか</span> 「サウジアラビア戦とオーストラリア戦を見た。どちらも負けはしたけど、結構良いサッカーをしていて、チャンスも作れていた。結果が伴っていないけど、力を持っているチーム。侮れない相手だと思う」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦での戦い方</span> 「今まで4-2-3-1をやってきて、この前は4-3-3。かなりハマった部分もあった。チームとしては、カメレオンのように戦術を変えられるし、誰が出ても、どのポジションで出ても、フォーメーションを変えても、良い試合ができることを証明していきたい。1試合だけじゃ判断できない」 <span style="font-weight:700;">──監督の柔軟な戦術</span> 「選手の競争も出てくるし、何よりも相手が僕らのことを読めなくなる。僕らは相手のことを研究して、細かい戦術を練っているけど、相手も勝ちたいから同じ」 「僕らのことを研究してきているけど、あのようにフォーメーションを変えて良い試合をすると、相手からしたら、僕らがどのフォーメーションで、誰が出てくるのかわからなくなる」 「結局、それが相手の戸惑いとか、メンタルのブレに繋がったりしてくる。細かいところだけど、そのディティールにこだわっていけば、勝利がついてくると信じている」 <span style="font-weight:700;">──相手の研究度</span> 「それは初戦から痛感している。僕自身、試合に出られないことが多かったけど、外から見ていて、研究されているなと感じた。同じ選手、同じフォーメーションで行くのは、これから先を考えると、相手にとって簡単になってくるのかなと」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦の入り方</span> 「UAE戦と同じくらい手堅く入っていかないと。もちろん、ホームだから、前からプレッシャーをかけていく。ただ、あんまりハマってもないのにプレッシャーをかけていって、相手にスペースを突かれることは避けたい。(タイは)早いカウンターは持っているので」 「UAE戦も前半に、変なボールの取られ方からチャンスを作られたりもしていたので、まずはやらせないことを心がけたい。相手にサッカーをやらせない。それをずっとやっていけば、相手もメンタル的に追い込まれてくる。サッカーというものはそういうもので、メンタルの勝負というか、駆け引きというのは大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ホームであまり良い戦いができていない</span> 「結構、(ゴールをこじ開けるのに)難しくなってくると思う。相手も固めて守ってくるだろうし。自分たちがボールを持ったときに、引いた相手を崩すというのはずっと課題。簡単じゃないけど、最後の精度を高めれば、結果はついてくる」 2017.03.26 23:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アウェイでのタイ戦でゴールを記録したFW浅野拓磨「成長した自分を見せたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW浅野拓磨(シュツットガルト)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。アウェイでのタイ戦でゴールを決めている浅野はタイのイメージについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW浅野拓磨</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──タイについてのイメージは</span> 「前回やった時もイメージは持っていましたが、自由にやらせると技術のあるチームだと思いますし、力は十分あるチームだと思っています。舐めてかかったら食われると思います。監督含めて、チームとしての危機感は持ちながら臨めると思います。気を引き締めて準備するだけです」 <span style="font-weight:700;">──前回は相手が前に来るという想定だったが逆に引かれたが、今回は前に来る可能性もあるが</span> 「予想とすればその可能性はあるかもしれないですが、始まってみないとわかりません。前回もなかなかスペースがない中で、最後に裏を取って点も取れました。チーム全体としてもそこの意識は持てていたので、スペースがあってもなくても自分の特徴をしっかり活かすことができればゴールに近づけると思います」 「相手がどういった形で来るかはわかりませんが、勝ちに来ると思いますし、前から来ると思います。そうなったら僕の特徴はより活きると思うので、その準備をしっかりしながらピッチに立てれば特徴を活かしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──半年前とクラブでの状況も変わって、違う怖さを出せると思うが</span> 「ドイツでやるようになって結構経ちましたが、自分の足りないところであったり、レベルとしてアップできているところもあれば、そうでないところもあります。プレーできれば、成長した自分を見せたいなというのはあります。それだけできる自信はあるので、良い準備をして臨めば、今の自分の力は十分出せるかなと思います」 2017.03.26 23:32 Sun
twitterfacebook
thumb

MF香川真司、アクションサッカーに意欲…「自分が担う役割は大きい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は26日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ホームで迎えるタイ代表戦において、守備からの鋭い攻撃で勝利を手にしたUAE代表戦とは逆の戦いを予想し、「自分が担う役割は大きい」とアクションサッカーの体現者として名乗りを上げた。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──チームの雰囲気</span> 「この前の試合はどちらかというと、相手のストロングを消すという作業がチームとして強調されていた。それをしっかりとチーム全体でやり切って、勝つことができた。そこはアウェイでの戦いということで、色々な戦いがあっても良いと思っている」 「勝ち点3を取れたことが何よりも大事。そこに関して大きな自信を得ることができた。ただ、次の試合は全く逆の展開というか、おそらくホームの僕らがボールを保持した中で課題とする戦いが待っているのかなと。なので、違った戦いになる」 <span style="font-weight:700;">──ホームので一戦</span> 「このW杯の最終予選、2次予選を含めて、引かれた相手に苦労している。ただ、チャンスだったり、得点を奪う形だったりをもっともっと共有していかなくちゃいけない。それがすごく大事になってくると思う」 <span style="font-weight:700;">──引いてきた相手を崩すイメージ</span> 「色々なイメージはしていきたい。簡単に、綺麗に崩せる相手じゃない。セットプレーもそうだし、前線からプレッシングをかけた中でのカウンターもそうだし、色々な形があっても良い。一番は自分たちがどうやって戦っていくのか。積極的に、そういったメンタリティをもってやっていくことが結果に繋がっていくのかなと」 <span style="font-weight:700;">──熾烈なポジション争い</span> 「競争は激しい。誰もポジションを確立している選手はいない。結果を残さないと評価はされないし、どんどん入れ替わる世界。やるべきことをやるというのを重視することで結果がついてくると思っている。まずは勝つことが大事だし、W杯に行くことが大事なので、自分の役割を、自分の個性を生かしていけるように絡んでいきたい」 <span style="font-weight:700;">──自身が描くプレービジョン</span> 「もっともっとボールに絡まないといけない。そして、もっと動きの中でプレーしていきたいなと。スペースがなかったり、守備を固めてくることが想定される中で、自分がどう動くかが試される戦いになる。自分のやりたいことであったりを自分の判断でどんどんやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──予想されるタイ戦の展開</span> 「次の試合は自分たちが主導権を握るようになると思うので、積極的にアクションサッカーをトライしていきたい。その中で、自分が担う役割は大きいと思っている。そこのイメージを準備していきたい」 <span style="font-weight:700;">──心身がマッチしている状況</span> 「そうなるように準備してきた。ただ、絶対負けられない試合だし、プレッシャーも個々に感じているはずなので、しっかりと準備していきたい」 <span style="font-weight:700;">──イメージする両ウィングの使い方</span> 「そこが今の1番の強みなので、そこをどう生かすのかが1つの大きなポイント。次の試合でスペースを与えてくれない中で、同じことをやっても難しさが出てくると思う」 「もちろん、チームとしての狙いをそこに持ちながらもできなかったときの動きだったり、そういうアイデアを自分が生み出さないといけない。個人的な戦術であったり、個人的なアイデアだったりを生み出していかないと彼ら(ウィング)も生きてこないかなと」 2017.03.26 23:25 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース