初招集選手プロファイル No.2~谷口彰悟~2015.06.11 11:52 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、11日にキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦(神奈川/日産スタジアム)、そして16日にロシア・ワールドカップアジア2次予選のシンガポール代表戦(埼玉/埼玉スタジアム2002)を迎える。

▽この2試合に向け、初招集されたのはDF丹羽大輝(G大阪)と、MF谷口彰悟(川崎F)の2選手。そこで、本稿ではプロ2年目にして早くも日本代表としてプレーするチャンスを得た谷口の経歴、プレースタイルを簡単に紹介しつつ、今後予想される代表での立ち位置を考察していく。

◆選手紹介
【生年月日】
1991年7月15日(23歳)
【身長/体重】
182cm/70kg
【所属クラブ】
川崎F
【ポジション】
セントラルMF、センターバック、サイドバック
【今季公式戦出場記録】
J1:15試合(1ゴール)/ナビスコ杯:6試合

▽2014年に筑波大学時代の恩師である風間八宏監督率いる川崎Fに加入した谷口。ルーキーイヤーの昨年は、公式戦35試合に出場するなど、充実の1年を過ごした。主力として臨む2年目は、昨季まで守備の要としてプレーしたDFジェシの背番号“5”を継承。リーグ開幕からこれまで公式戦全試合に出場している。

▽谷口は、視野が広く、戦術眼に長けたクレバーな選手。足元の技術も高く、センターバックとしてプレーしている川崎Fでは、ポゼッションサッカーを真髄とするチームを後方から支えている。また、高いボール奪取能力と当たり負けしないフィジカルを兼ね備えており、守備の面でも大きくチームに貢献している。

▽上記の特徴から考えると、、谷口にとって代表でのライバルは、今回招集外となっているG大阪MF今野泰幸だろう。その高いボール奪取能力と様々なポジションをこなすユーティリティ性から日本代表で重宝されてきた今野だが、35歳で迎えるロシア・ワールドカップ開催時まで、現在と同レベルのパフォーマンスを維持できているとは限らない。。川崎Fでユーティリティ性を発揮している谷口にとって、今野の後継者としての役割を果たせることを証明できれば、代表定着も大いにありうるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・相澤滋貴》

コメント

関連ニュース

thumb

MF乾貴士、別メニューが続くも焦りなし「チームを盛り上げることはできる。その上で最後に残れたら」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF乾貴士(エイバル/スペイン)が取材に応対。足の状態は日に日に良くなっていることを明かし、ハイパフォーマンスを見せた今シーズンの良い状態への復活にも自信を覗かせた。それでもチームの状況を冷静に捉えている様子を見せている。 <span style="font-weight:700;">◆MF乾貴士</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">──これまでの準備について</span> 「準備はすごく良かったと思います。ケガするまでは好調で良いパフォーマンスを見せれていたと思います。ケガは残念ですけど、またあの状態に戻せると思っています。焦りなくケガを治すことだけを考えてやっています。その中で、コンディションもしっかりと上げていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンについて</span> 「今シーズンは嬉しいことに1年間通して試合に出させてもらいました。もちろん自分自身で感じていない疲れはあったと思います。それを取るためと考えたら逆に良かったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──リーガエスパニョーラを振り返って</span> 「改めて難しいリーグだなと感じました。ただ、その中でやっていけるという部分もしっかりと見つけることができました。それは自信にもなったので、来年も続けていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──W杯が近づいてきた感覚はあるか</span> 「まだ23人は決まっていないですし、競争の段階だと思っています。その中でもチームワークは今回の合宿から作っていかなくてはいけません。一人一人が自己中になるのは違うと思いますし、まずはチームのために考えなくてはいけません。今自分はケガをしている状況ですけど、チームを盛り上げたり明るくすることはできるので、そういうところを考えています。その上で最後残れたら良いなと思います」 <span style="font-weight:700;">──すごく冷静で落ち着いているように見えるが</span> 「この時期まで代表に残るということもこれまでなかったですし、変な感じはします。嬉しいことですし、光栄なことですけど、あとは西野朗監督が23人を決めるだけです。ガーナ戦で日本の国民の前で良い試合が見せられたらと思います。それは僕自身が良いプレーをというよりも、日本代表というチームが良いプレーをしてくれればと思います」 <span style="font-weight:700;">──足の状態は</span> 「日に日に良くなっています」 2018.05.25 23:59 Fri
twitterfacebook
thumb

GK川島永嗣、日本代表の最後方は「3人でレベルを上げて支えていきたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK川島永嗣(メス/フランス)が取材に応対。GKのレギュラー争いについて選ばれた3人で「日本のGKのレベルを上げて支えていきたい」とGK全体で支えていくことを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆GK川島永嗣</span>(メス/フランス) <span style="font-weight:700;">──合流して</span> 「みんな何かをしたいという気持ちで今いると思います。今日来たばかりなので、自分たちがこれからどうやっていくかは監督から話があると思いますけど、一人一人が自覚を持っていく中でチームの状況を考えすぎるのではなく、一人一人が持っている能力を発揮することが大切なことだと思います」 <span style="font-weight:700;">──3バックシステムを考えているという話も西野朗監督からあったが</span> 「この状況の中で心配がない人は逆にいないと思います。ただ、この状況に立たされ、限られた時間の中で、自分たちは最大の結果を求めるために努力しなくてはいけません。コミュニケーションを取るだけではなく、自分たちが勝っていくために何が必要なのかを本音で言い合わなくてはいけないといけません。そういうことが大事になると思います」 <span style="font-weight:700;">──選手同士の話し合いも増やしていくということか</span> 「話し合えば解決する問題ではないと思います。話した上でどれだけピッチの上で表現できるかだと思います。コミュニケーションの意味はそこじゃないかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がやってきたことも生かすと西野朗監督は言っていたが</span> 「選手の視点からすると、監督それぞれのやり方がありますけど、自分たちがどういったレベルでプレーしなくてはいけないかという基準は変わりません。そういう基準を持って進んでいかなくてはいけない。そういった根本的なベースの中で、監督がどういったことをやるかということが付け加わっていくのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──GK組にはケガ人もいるが</span> 「ニュースは観てました。でも2人も元気そうですし、若いので大丈夫だと思います(笑)」 <span style="font-weight:700;">──GK中村航輔(柏レイソル)と話したか</span> 「話しました。こういうことが起きてもそこまで重症にならなくて良かったと思います」 <span style="font-weight:700;">──GKの競争について</span> 「ケガとか関係なく、ここに3人が選ばれている以上は自分たちが後ろを支えていくという思いがなくてはいけません。誰が出る、出ないとかではなく、3人で日本のGKのレベルを上げて支えていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会のようにやっていくには</span> 「経験がある選手は多いと思いますけど、答えはないと思います。それを自分たちが探し求め続けなくては答えはありません。経験の中で自分たちがどうやってまとまっていくか、チームの方向性を持ってやっていくかは大切ですけど、高いレベルを求めて一人一人が成長することが勝っていくことにつながると思います。簡単にチームがまとまるという風に考える必要はありませんし、それぞれが自分たちの力を発揮してチームの力に変えていくということが強いグループになっていくということだと思います」 2018.05.25 23:58 Fri
twitterfacebook
thumb

DF酒井宏樹、甘かった4年前からの成長を示す…「90分通して良い選手だと思ってもらえるように」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)が取材に応対し、前回大会を振り返り、成長を実感。「90分通して良い選手だと思ってもらえるように頑張りたい」と今後に向けて意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井宏樹</span>(マルセイユ/フランス) <span style="font-weight:700;">──合流して</span> 「ボールを触れたので、まだまだコンディション調整の段階ですけど、明日から普通にやっていくと思うので、みんなで合わせていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──ケガの具合について</span> 「試合では全く問題ありません。治療してゼロに戻せるようにやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──痛みはあるか</span> 「結構内側は痛みが取れにくいそうで、治療を重ねていきながらという感じですね」 <span style="font-weight:700;">──今日はランメニューでの調整だったが、練習では3バックを並べていた練習もあった中、どう見ていたか</span> 「そうなんですか。すいません見ていなかったです」 「明日は戦術をやると思うので。全公開ですよね? 隠すものもないと思います」 <span style="font-weight:700;">──3バックのシステムを使うという話があったが</span> 「マルセイユでも3バックはやりました。どちらでも対応できると思われるようにやりたいです。今シーズンはウイングバックもやりましたし、やってほしいと言われたところでやりたいです」 <span style="font-weight:700;">──改めてリーグ・アンの強度はどうか</span> 「今年はカップ戦もありましたし、僕も50試合以上出場しました。どの試合もすごく魅力ある試合で、自分にとっては大事なものでした。試合数を多くこなすということはサッカー選手にとって非常に重要なことです。もちろん疲れますけど、そういう意味では充実したシーズンでした」 <span style="font-weight:700;">──ブンデスリーガと違う部分は</span> 「サイドバックとしては、アタッカーがとても優秀だなと感じています。そういうところで良いファイトができていたのは良かったです」 <span style="font-weight:700;">──守備面で違う感覚が掴めたか</span> 「ドイツとフランスを比べてもいろいろな種類のアタッカーがいます。そういう選手と対峙したことで免疫ができました」 <span style="font-weight:700;">──4年前のW杯直前と何か違うか</span> 「4年前なので心境は全く覚えてないです。ただ、チームの一員であるという気持ちは前回大会よりも増しています。前回よりはチームのためにできるかなという気持ちがあるので、何ができるかは分からないですけど、できることを100パーセントやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──前回は若手という感覚だったか</span> 「若手という感じではないですけど、自分のレベルが全く足りてなかったです。今思うと甘かったです。厳しい環境に身を置いたことで、少しマシにはなったと思います」 <span style="font-weight:700;">──どういった部分でマシになったか</span> 「全てですね。ディフェンダーなので、数を踏まないと成長はありません。安定感も重要になってきます。90分通して良い選手だと思ってもらえるように頑張りたいです」 2018.05.25 23:57 Fri
twitterfacebook
thumb

MF長谷部誠が抱く主将としての監督交代への責任…「結果で示していかなくてはいけない」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)が取材に応対し、本大会開幕2カ月前の監督交代に主将としての責任を感じていることを吐露。「W杯で日本サッカー界の未来が大きく左右する」と語り、結果を示さなくてはいけないと主張した。 <span style="font-weight:700;">◆MF長谷部誠</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──今後に向けて</span> 「監督が変わって色々ありましたけど、とにかく前を向いて新しいチャレンジということで、自分のやるべきことやっていくだけです。ワクワクする部分もありますし、ある意味自分にプレッシャーをかけてやっていかなくてはいけない状況でもあるので、ここに対する決意ということで、強いものがあります」 <span style="font-weight:700;">──プレッシャーとは</span> 「プレッシャーという言い方が正しいかはわからないですけど、やはりこの日本代表の監督が変わったということで、キャプテンを任されていた立場として責任を感じる部分が強いです。そういう部分で、しっかりとピッチ、そして日本代表の結果として示していかなくてはいけないことがあると思います。このワールドカップで日本サッカー界の未来が大きく左右すると思うので、そこに対しての責任という意味でもあると思います」 <span style="font-weight:700;">──シーズンが終わってコンディションも良さそうだが</span> 「カップ戦は優勝という最高の形で終わることができましたけど、その前のリーグ戦では退場してしまい、3試合出場停止になってしまいました。良いこと悪いことありましたけど、代表に来たら全く違う部分があるので、クラブとの違いにはしっかりとアジャストしていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──18日の会見では自身にキャプテンを任せたいと言っていたが聞いているか</span> 「まだそういった話はしていないですね」 <span style="font-weight:700;">──もしキャプテンを任されれば、5人の監督に託されることになるが</span> 「個人的にはこれだけ長い間日本代表にいますから、キャプテンだろうがなかろうが、自分のやるべきことはそんなに変わりません。このチームは本当に経験のある選手たちが多くなってきているので、そういう選手たちがグッと一つに大きくまとまることで、若い選手たちもそこに引っ張られると思います。経験のある選手たちが引っ張っていくことが大事だと思います」 <span style="font-weight:700;">──まとまるにも様々な形があると思うが</span> 「チームの方向性を最終的に決めるのは間違いなく監督です。そこの部分で、コミュニケーションをとって意見を出し合って、一つの方向にまとまっていくことが大事です。こういう組織の中では多少の意見の違いはありますし、然るべきものだと思います。ただ、一つの芯として勝つということはみんなが持っています。それを持ってやっていければ良いと思います」 2018.05.25 23:56 Fri
twitterfacebook
thumb

DF長友佑都、チームに残る遺伝子を西野戦術へ「落とし込めれば最高のチームになる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は25日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が取材に応対。数多くの監督の下で取り組んできたスタイルの良い部分を西野朗監督の戦術に落とし込むことができれば「最高のチームになる」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF長友佑都</span>(ガラタサライ/トルコ) <span style="font-weight:700;">──西野さんから話があったようだが</span> 「全員が揃ったということで、選考がある中でもまずはチームのために一丸とならなくてはいけない、そしてガーナ戦で最高の試合ができるようにやれることを全てやって行くという話でした」 <span style="font-weight:700;">──チームの作り方として今までのことを生かしながら変化もつけるという意味で3バックを使うという話もあったが</span> 「自分自身キャリアの中でたくさんの監督を経験させてもらい、代表では岡田(武史)さんから始まってザック(アルベルト・ザッケローニ)さん、(ハビエル・)アギーレさん、ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)さん、今回で西野(朗)さんと、それぞれに教わったものは心に残っています。チーム自体にも遺伝子というのは残っていると思います。その良い部分はしっかりと生かしながら、西野さんの考えや戦術に落とし込めていけたら最高のチームになるのではないかと自分自身では思っています」 <span style="font-weight:700;">──まずやらなくてはいけないことはチームの約束事か</span> 「まずそこですね。僕自身が守備の選手ということもありますけど、チームが一丸となってどこでボールを取りに行くのか、どういう連動をみせていくのか、ということはしっかりと話し合わなくてはいけません。それができずに混乱してしまうと、良い攻撃もできません。まずはその確認が必要だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ大会の時にやり方を変えた際守備は早く形になったような気がするが</span> 「岡田さんは取られた後の守備にこだわっていました。今も強いですけど、当時はバルサが最強で前線の選手も取られたら取り返すということをやっていて、岡田さんの時もそれを意識してやっていました」 <span style="font-weight:700;">──西野監督になっても今までやってきたことを一貫させていく形か</span> 「そうですね。岡田さんの時の戦術は今でも思い出しますし、残っています。そういうところも今回のサッカーにも生かせるんじゃないかなと思っています。ただ、まだ西野さんから戦術の話は受けてないですし、西野さんの考えもあると思います」 2018.05.25 23:55 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース