初招集選手プロファイル No.1~丹羽大輝~2015.06.11 11:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、11日にキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦(神奈川/日産スタジアム)、そして16日にロシア・ワールドカップアジア2次予選のシンガポール代表戦(埼玉/埼玉スタジアム2002)を迎える。

▽今回の2試合に向け、初招集されたのはDF丹羽大輝(G大阪)と、MF谷口彰悟(川崎F)の2選手。そこで、本稿では29歳にして初めてサムライブルーのユニフォームに袖を通した丹羽の経歴、プレースタイルを簡単に紹介しつつ、今後予想される代表での立ち位置を考察していく。

◆DF丹羽大輝
【生年月日】
1986年1月16日(29歳)
【身長/体重】
180cm/76kg
【所属クラブ】
G大阪
【ポジション】
センターバック、両サイドバック、守備的MF
【今季公式戦出場記録】
J1:14試合 / ゼロックス杯:1試合 / ACL:8試合

◆苦労の連続から出世街道へ
▽今やG大阪で最終ラインのレギュラーとして活躍する丹羽だが、これまでのキャリアに目を通すと、苦労人という言葉が思い浮かぶ。G大阪ユース出身の丹羽は2004年にトップチーム昇格を果たしたが、昇格後の3年間はプロ初出場を果たすどころか、ベンチ入りもままならない日々が続くなど、当初はプロの厚い壁に苦しんだ。そのため、2007年から2011年にかけては徳島、大宮、福岡へのレンタル移籍を決断。この武者修行の間に、チームキャプテンを務めた福岡時代の2010年に5年ぶりとなるチームのJ1昇格に貢献するなど、徐々に頭角を現した。

▽5年間にもわたるレンタル生活で着実に成長の一途を辿った丹羽は、2012年にG大阪へ6シーズンぶりに復帰した。以降は、DF岩下敬輔やDF西野貴治との熾烈なポジション争いに身を置いたが、2014年の途中からは不動のセンターバックとして25試合に出場。失点数リーグ2位タイの31失点を記録したディフェンス陣を支え、G大阪の国内3冠(J1、ナビスコカップ、天皇杯)達成に大きく貢献した。今季はここまで公式戦23試合に出場。リーグ戦では全試合にフル出場を続けており、G大阪の最終ラインにおいて、なくてはならない選手として地位を確立している。

◆ライン統率、クレバーさ、堅実さ
▽G大阪の最終ラインに欠かせない存在となった丹羽は、決してポテンシャルの高い選手ではないが、ライン統率やクレバーなディフェンスを堅実にこなすことのできるセンターバックだ。持ち味の1つであるライン統率で、岩下やDF米倉恒貴、DF藤春廣輝といったアグレッシブさを売りとするDF陣を1列にまとめ上げている。実際、今季のリーグ戦における失点数でもここまで試合数(14試合)を下回る10失点と、丹羽を中心としたディフェンスラインの堅さは数字にも表れている。

▽また、丹羽の守備にはラインコントロールと同時に、クレバーかつ堅実な対応が際立つ。どのようなシチュエーションでも冷静沈着な状況判断が可能で、G大阪でもボールホルダーに対する無謀な食い付きや軽率なディフェンスは少ない。また、センターバックに加え、必要であればサイドバックや守備的MFでも卒なくプレーできるユーティリティー性は、代表への生き残りを考えても好材料となるはずだ。

◆最大のライバルは槙野
▽先の日本代表候補合宿ではサイドバックとして招集された丹羽だが、今回はセンターバックとしてノミネートされた。したがって、センターバックタイプの4選手が招集された今回に関しては、DF吉田麻也(サウサンプトン)とDF森重真人(FC東京)、DF槙野智章(浦和)と、熾烈な生き残りをかけたポジション争いを演じることになるだろう。そのなかで、丹羽にとって最大のライバルとなり得るのが、彼と同様にサイドバックでもプレー可能な槙野だ。

▽そして、明るいキャラクターを生かしたオフ・ザ・ピッチの部分での貢献度も、槙野と類似する点の1つだ。丹羽のムードメーカーぶりは、G大阪でチームメートのMF遠藤保仁が「笑いを提供してくれる」との理由で、昨シーズンのリーグ優勝の懸かる苦しい終盤戦のキーマンに挙げたほど。この点に関しては、チームの雰囲気を大事にする傾向のあるハリルホジッチ監督下の日本代表にとっても、欠かせないピースになり得る可能性を秘めている。

▽あとは、宮本恒靖氏以来となるG大阪ユース出身のDFとして代表定着を狙う丹羽が、「ここに入る資格があることを証明してほしい」と招集メンバー発表会見で語ったハリルホジッチ監督の期待にピッチ上で応えられるかどうか。もちろん、今回の代表戦2試合だけが査定の全てではないが、複数のポジションでプレー可能なユーティリティー性や、クレバーかつ堅実なディフェンスで存在感を示すことができれば、キャプテンマークを巻いて71キャップを記録した宮本氏のように、代表でも確固たる地位を確立できるはずだ。
《超ワールドサッカー編集部・玉田裕太》

コメント

関連ニュース

thumb

元日本代表GKコーチ、リカルド・ロペス氏が語るリーガ・エスパニョーラ、そして日本代表

▽昨年7月まで日本代表GKコーチを務めていたリカルド・ロペス氏。現役時代はスペイン代表GKとして、2002年の日韓ワールドカップのメンバーに。また、マンチェスター・ユナイテッドやアトレティコ・マドリード、オサスナでプレーした。 ▽現在はアーセナルサッカースクール市川のテクニカルディレクターを務め、「自分のサッカー人生で得たものを、現代サッカーの目線から日本の子どもたちに伝えていきたい」と精力的に活動中。そんなリカルド氏にリーガ・エスパニョーラやワールドカップ最終予選を戦う日本代表、市川での活動について語ってもらった。 <span style="font-weight:700;">――リカルド氏は現在、スペインを離れ、日本で子どもたちを教えています。</span> 「リカルド・ロペス氏:まず、日本が大好きだということ。日本の生活や気候も過ごしやすいし、環境もいいです。スペインで指導者の勉強をしている時に、「いい監督になるには子どもたちを1回は監督しないといけない」と言われました。ハイレベルな場所で監督をやる時が来るまでは、ゆっくりとやっていきます」 <span style="font-weight:700;">――アーセナルサッカースクール市川ではどんなことに取り組んでおられますか?</span> 「いろいろ変えることはあります。今は小さなことから変えています。日本にはまだ足りないところがあります。例えば、子どもたちが着替えるためにロッカールームを使う、ということも日本ではあまりない。サッカーの道具を大切にするとか、服装だったりとかもそうです」 「技術的な面では、ヨーロッパの最新スタイルのサッカーを取り入れています。できるだけボールを早く奪う、ボールを長くキープするといったことです。それに試合に向けて、練習ではしっかりとちゃんとしたメニューをあらかじめ準備します。週末に出会う真剣勝負、実戦に近い練習をします」 <span style="font-weight:700;">――リーガ・エスパニョーラも後半戦に入りました。よくご覧になられていますか?</span> 「サッカーはスペインの1~3部、全部気にかけています。なので、毎週月曜日に結果をチェックするのは楽しみですよ。サッカーと関わっているので、しっかりと把握するようにしています。このあとJリーグの開幕も楽しみですね」 <span style="font-weight:700;">――今後、優勝争いなどシーズンをどのように展望しますか?</span> 「未消化試合を2つ残していますが、レアル・マドリードが長く首位にたち、バルセロナはちょっとつまずきました。クラシコ(レアルとバルサの直接対決)がまだ残っていますが、次はレアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの試合なので、それを考えるとレアル・マドリードが有利でしょう」 「それにバルセロナは、リーガ、UEFAチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)と3つのタイトルの可能性を残しています。それに比べ、レアル・マドリードはコパ・デル・レイがなく、カレンダー的にもバルセロナほどではないので、どれかを選べと言われたらレアルですね」 <span style="font-weight:700;">――2強以外に注目しているチームはありますか?</span> 「アトレティコ・マドリードのサッカーは好きですね。勇気のあるプレーをしますし、ここ数年はリーガでもヨーロッパの大会でも常に優勝争いに絡んでいます。ただ、僕のいたチーム、オサスナが現在最下位なのは残念です。心配しています」 <span style="font-weight:700;">――リーガ・エスパニョーラのGKで気になる選手はいますか?</span> 「若い選手が結構出てきています。セビージャのセルヒオ・リコもハイレベルな選手です。いいチームにいて、大きなコンペティション(大会)にも出て、色々なことを学んでいます。体型的にもいいので、今後何年かすればいい選手になると思います」 <span style="font-weight:700;">――日本のGKはいかがですか?</span> 「日本のGKには、技術面で欧州のGKが持っているものがなかったりします。ですから、欧州で契約するのはなかなか難しい。でも、レベルはとても高い。私も最初はびっくりしました。日本にはいいGKがいます。林彰洋(FC東京)、西川周作(浦和レッズ)、川島永嗣(メス)、権田修一(サガン鳥栖)、東口順昭(ガンバ大阪)、六反勇治(清水エスパルス)。みんな違う特徴を持っているので、その中から選ぶことができます」 「林は高さがあります。足は使えるし、手の使い方もうまい。しかし、身体の向きなどは直さないといけない。西川は足を使うのがとても上手ですが、身体の大きさが少し足りない。技術面では権田がすごくいいものを持っている。ただ、瞬間的に光るものであったり、激しさは川島の方がある。それに川島はスピードがすごい。1つ1つの動作が速かったり、みんなを引っ張るリーダーシップも持っている。それでも技術的な面で治さなければいけないところがあります」 <span style="font-weight:700;">――世界で通用するには何が必要でしょうか?</span> 「トッププレーヤーとなるようなキーパーを作るのであれば、いいものはあるので時間を賭けて磨く。そうなれば欧州でもできるでしょう。それと、サッカーはチームでやるものなので、誰かが有名になるためには日本代表が強くならないといけない。クラブワールドカップでは鹿島がレアル・マドリードと少しいい試合をしましたが、アジアカップで優勝したり、ワールドカップに行って、活躍をして有名になる事が必要です」 <span style="font-weight:700;">――フィールドプレーヤーでは柴崎岳選手がテネリフェ(スペイン2部)に移籍しました。日本人選手がスペインで活躍するのに必要なことは何でしょう?</span> 「技術やフィジカル、スピード、激しさも考えるとスペインは世界で最もハイレベルなリーグです。特に、絶対に勝とうという気持ちや激しさは、日本人選手には少し足りないかもしれない」 「サッカーはぶつかり合うスポーツなので、相手を傷つけない前提ですが、時々強くボールにいかないといけない。スペイン選手は激しく、強くいきます。2部リーグでも難しい」 <span style="font-weight:700;">――乾貴士選手(エイバル)は活躍しています。</span> 「エイバルはスペインの小さな街で、本当に家族みたいなチームです。乾選手とも話しましたが、他の選手とすごく仲がいい。そして乾選手は怖がらない選手で、色々なことにトライする選手。それが今のいい環境を作っていると思います」 <span style="font-weight:700;">――ワールドカップ最終予選を迎える日本代表はいかがでしょうか?</span> 「現代のサッカーは自分たちより弱いチームというのはなくなりました。すべての試合は難しい試合になっていますので、そう簡単にはいかないでしょう。ただ、日本代表にはワールドカップに出てもらいたいし、出てくれると信じています」 「団結力もあるし、いい選手もいるし、環境もいいのでうまくいってほしいですね。簡単ではないですが、そうだと信じています。オーストラリアとサウジアラビは強いチームですが…。でも、絶対ロシアには行きます」 ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ WOWOWでは毎節最大5試合を生中継! 【第23節放送予定】 「スポルティング・ヒホン vs アトレティコ・マドリード」 2/18(土)夜8:55~ [WOWOWライブ]※生中継 「レアル・マドリード vs エスパニョール」 2/18(土)深夜0:00~ [WOWOWライブ]※生中継 「セビージャ vs エイバル」 2/19(日)午前4:30~ [WOWOWライブ]※生中継 「レアル・ソシエダ vs ビジャレアル」 2/19(日)深夜0:00~ [WOWOWライブ] 2/19(日)夜7:50~ [WOWOWメンバーズオンデマンド]※先行ライブ配信 「バルセロナ vs レガネス」 2/20(月)午前4:30~ [WOWOWライブ]※生中継 【第16節】※振替開催 「バレンシア vs レアル・マドリード」 2/22(水)深夜2:30~ [WOWOWライブ]※生中継 ■詳しくは<a href="http://www.wowow.co.jp/sports/liga/" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">番組オフィシャルサイト</span></a>へ。 2017.02.16 22:28 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン遠征に臨むU-17日本代表が発表! スコットランド、ロシア、ベルギーと対戦《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、スペイン遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今年10月にインドで行われるU-17ワールドカップに出場するU-17日本代表。今回のメンバーには、この世代の中心選手であるMF平川怜(FC東京U-18)やFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)、FW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)らが招集されている。 ▽U-17日本代表は20日から3月3日までスペイン遠征を行い、U-17スコットランド代表、U-17ロシア代表、U-17ベルギー代表と親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">青木心</span>(JFAアカデミー福島U18) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 20.<span style="font-weight:700;">デューク・カルロス</span>(川崎フロンターレU-18) 17.<span style="font-weight:700;">池髙暢希</span>(浦和レッズユース) 19.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 8.<span style="font-weight:700;">井川空</span>(コンサドーレ札幌U-18) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 18.<span style="font-weight:700;">椿直起</span>(横浜F・マリノスユース) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.) 6.<span style="font-weight:700;">喜田陽</span>(セレッソ大阪U-18) 2.<span style="font-weight:700;">東俊希</span>(サンフレッチェ広島ユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 15.<span style="font-weight:700;">森海渡</span>(柏レイソルU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.02.15 17:47 Wed
twitterfacebook
thumb

U-19日本女子代表候補が発表! U-17女子W杯MVPのMF長野風花らが選出《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は10日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本女子代表候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、U-17女子ワールドカップの準優勝メンバーであるMF長野風花(浦和レッズレディース)やFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)、FW植木理子(日テレ・メニーナ)、FW宮澤ひなた(星槎国際高湘南)、DF高橋はな(浦和レッズレディースユース)らが選出された。 ▽U-19日本女子代表候補は、19日〜22日までJ-GREEN堺でトレーニングキャンプを実施。21日に伊賀FCくノ一とトレーニングマッチを行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">福田まい</span>(藤枝順心高→日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(常盤木学園高→ベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(JFAアカデミー福島→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">大熊良奈</span>(JFAアカデミー福島→浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(日テレ・メニーナ) <span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(JFAアカデミー福島) <span style="font-weight:700;">北村菜々美</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(日ノ本学園高) <span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディースユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">林穂之香</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(藤枝順心高→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">村上真帆</span>(十文字高→早稲田大) <span style="font-weight:700;">平塚万貴</span>(日ノ本学園高→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">長嶋玲奈</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18) <span style="font-weight:700;">長野風花</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">児野楓香</span>(日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">目原莉奈</span>(日ノ本学園高→日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">松本茉奈加</span>(十文字高→早稲田大) <span style="font-weight:700;">植木理子</span>(日テレ・メニーナ) <span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(星槎国際高湘南) <span style="font-weight:700;">宝田沙織</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島) 2017.02.10 19:03 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFAランク発表! 日本、アジア3位番手に

▽国際サッカー連盟(FIFA)は9日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月46位に位置していた日本は、6つ順位を下げて52位。アジア勢の全体で見ても、代表活動がなかったことから、アジア最高位のイランが29位から32位、同2位の韓国が37位から39位に順位を下げた。また、オーストラリアは前月の44位から54位にランクダウンしている。 ▽また、上位陣の順位に大きな変動はなし。ただ、アフリカ・ネイションズカップ優勝のカメルーンが29ランクアップの33位、優勝のエジプトは12ランクアップの23位と躍進している。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位) </span> 1.アルゼンチン(1) 2.ブラジル(2) 3.ドイツ(3) 4.チリ(4) 5.ベルギー(5) 6.フランス(7) 7.コロンビア(6) 8.ポルトガル(8) 9.ウルグアイ(9) 10.スペイン(10) 11.スイス(11) 12.ウェールズ(12) 13.イングランド(13) 14.ポーランド(15) 15.イタリア(16) 16.クロアチア(14) 17.メキシコ(18) 18.ペルー(19) 19.コスタリカ(17) 20.アイスランド(21) 21.オランダ(22) 22.エクアドル(20) 23.エジプト(35) 24.トルコ(24) 25.アイルランド(23) 26.スロバキア(25) 27.ハンガリー(26) 28.ボスニア・ヘルツェゴビナ(27) 29.アメリカ(28) 30.ウクライナ(30) 31.セネガル(33) 32.イラン(29) 33.カメルーン(62) 34.オーストリア(31) 35.北アイルランド(32) 36.チュニジア(35) 37.コンゴDR(49) 38.ブルキナファソ(53) 39.韓国(37) 40.ルーマニア(38) 41.ナイジェリア(50) 42.パラグアイ(40) 43.ギリシャ(42) 44.スウェーデン(41) 45.ガーナ(54) 46.チェコ(43) 47.コートジボワール(34) 48.モロッコ(57) 49.デンマーク(47) 50.アルジェリア(39) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(32) 2.韓国(39) 3.<B>日本(52)</B> 4.オーストラリア(54) 5.サウジアラビア(56) 6.ウズベキスタン(63) 7.UAE(68) 8.カタール(85) 9.中国(86) 10.シリア(93) 2017.02.09 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン遠征のU-23なでしこジャパン、A代表落選の猶本光ら22名招集《U-23ラマンガ国際大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、スペインでU-23ラマンガ国際大会に臨むU-23なでしこジャパンの22名を発表した。 ▽招集された22名には、アルガルベカップに臨むA代表から落選したMF猶本光(浦和レッズレディース)や、U-20女子ワールドカップでMVP受賞のMF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)も名を連ねた。 ▽スペイン遠征は26日から3月8日にかけて実施。U-23ラマンガ国際大会では、U-23アメリカ女子代表(3月2日)、U-23ノルウェー女子代表(同月4日)、スウェーデン女子代表(同月6日)と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆U-23なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">林﨑萌維</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 18.<span style="font-weight:700;">松本真未子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 22.<span style="font-weight:700;">葛馬史奈</span>(ASハリマアルビオン) 4.<span style="font-weight:700;">須永愛海</span>(仙台大→INAC神戸レオネッサ) 2.<span style="font-weight:700;">山守杏奈</span>(筑波大→浦和レッズレディース) 13.<span style="font-weight:700;">松原有沙</span>(早稲田大) 21.<span style="font-weight:700;">石井咲希</span>(バニーズ京都SC) 3.<span style="font-weight:700;">羽座妃粋</span>(日体大 FIELDS横浜) 12.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 5.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(ベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 8.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 15.<span style="font-weight:700;">三橋眞奈</span>(ベガルタ仙台レディース) 17.<span style="font-weight:700;">成宮唯</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 16.<span style="font-weight:700;">中村みづき</span>(早稲田大学) 11.<span style="font-weight:700;">伊藤美紀</span>(INAC神戸レオネッサ) 6.<span style="font-weight:700;">隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) 7.<span style="font-weight:700;">杉田妃和</span>(INAC神戸レオネッサ) 14.<span style="font-weight:700;">三浦成美</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 10.<span style="font-weight:700;">道上彩花</span>(INAC神戸レオネッサ) 19.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 9.<span style="font-weight:700;">上野真実</span>(愛媛FCレディース) 20.<span style="font-weight:700;">白木星</span>(浦和レッズレディース) 2017.02.09 18:15 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース