【日本代表コラム】選手の意識を高めた初陣2015.03.28 12:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽「明日は、これまでプレー機会が少なかった選手たちを起用したいと思っている」。前日会見でそう語った新指揮官の言葉どおり、大分スポーツ公園総合競技場のピッチには新鮮な顔ぶれが並んだ。結局、最後は後半途中から出場した“先輩方”がご活躍。岡崎と本田という役者のゴールにより、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣を白星で飾ることに成功した。

▽いくら「たくさんの映像を見てきた」と言っても、監督就任から3週間ほどで、本格的な練習は3回だけ。すべてはこれからだ。今回の試合で注目していたのは、指揮官が前日会見で語っていた“球際の激しさ”と“プレースピード”の2点。数多くのミーティングや面談を経て、どれだけ意識付けされているのかを注視した。

▽前者に関しては、キックオフ直後から川又や永井がアグレッシブにプレスをかけていき、その姿からは“何が何でも代表に残ってやる”といった気概を感じとることができた。最初は多少の“気負い”も感じられ、守から攻への切り替えがスムーズではなかったように思う。その点に関しては監督も認めており、改善の必要性を口にしていたが、その一方で「ピッチが滑りやすかった部分もある」と述べ、選手たちが見せた姿勢に満足感を示していた。

▽一方、プレースピードに関しては課題が残った。ボールを奪ってシンプルに裏を狙うという場面は少なかったように思う。実際、監督は試合後の会見で「奪ったあとに短いパスを使いすぎている。もっと長いパスを狙ってもいい」との考えを示した。もちろん、何がなんでも縦や裏を狙う必要はないが、出せたはずの最初のタイミングで迷ってつなぎなおし、その結果、相手のプレスを受けるという場面が何度かあった。

▽これに関しては、ミスを犯したくないという心理的な要素に加え、起用した選手の特徴や相性も関係していたと思う。前線には、永井、川又、武藤と、縦の意識が高く、裏を狙える選手が揃っていた。彼らに関しては実際にプレーを見ており、その特徴を理解したうえで起用していたはずだ。しかし、パスの出し手となる中盤の選手に関しては異なる。

▽山口も長谷部も正確な長いボールを前線に送るというより、ボールを運びながら前に関わっていくタイプだ。どちらかと言えば、青山や柴崎の方が今日の3トップとの親和性はあるだろう。ただ、守備の強度に関しては山口や長谷部の方があるため、そのあたりの兼ね合いは難しいところではある。とはいえ、これから選手の特徴をより明確に把握し始めれば、自然と状況に応じた選手起用がなされるだろう。

▽これまでの言動から察するに、今回の選手起用には2つの意味合いがあったと思っている。1つは、前述したような戦術的な側面。前線に裏を狙えるタイプの選手を並べ、ボールを奪ってから素早くゴールに迫ろうとしたのだろう。もう1つは、前回のコラムでも語ったように「開かれた代表」であり、「ファミリー」であるということを発信したかったのではないか。

▽試合後の会見でも、次のJALチャレンジカップ(ウズベキスタン代表戦)には「違うメンバーで臨もうと思っている」と語り、多くの選手に出場機会を与えていくことを明言した。選手の特徴はこれから把握していけばいいし、戦術面のディティールも徐々につめていければいい。いま大事なのは、各選手のモチベーションを高く保ち、自分も一員であり、チャンスがあると感じさせること。うまくいけば自ずと競争力は高まってくる。信頼関係の構築という意味でも、公平に見ているというアクションは大事だ。

▽もちろん、選手たちが高いモチベーションを持ってプレーし、自らをアピールするのは当然のことではある。それでも、見ていてもらえていると感じられることは選手にとって大きい。そういった土壌を整えておくことは無駄ではないだろう。チュニジア戦では、球際で戦えたことも、勝利を手にできたことも良かったが、すべての選手たちが“俺も使ってもらえる”と感じられた(であろう)ことが、“新陳代謝”も図っていきたい代表の今後に向け、何よりも意味のあることだったのではないか、と思っている。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

限定2万枚! “ジョホールバルの歓喜”で着用した日本代表ユニをアディダスが現代的にリデザインして復刻発売!

▽あの画像の全貌が明らかになった。マルチスポーツブランドのアディダス ジャパンは27日、日本代表が初めてワールドカップ(W杯)出場を決めた1997年から今年で20周年目を迎えるにあたり、“FIFA ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”の発売を発表した。 ▽1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで歴史的な出来事が起きた。サッカー好きであれば、一度は耳にしたことがあるであろう“ジョホールバルの歓喜”。日本が初めてW杯出場を決めたイラン代表戦に多くの日本サッカーファンが歓喜した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アディダス ジャパンは今回、その試合で着用した印象的なユニフォームを現代的にリデザインし、現行モデルのテクノロジーをそのままに進化させたメモリアルユニフォームを発売。先行画像で見られた袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。発売は5月1日 0時から2万枚限定で発売。オーセンティックユニフォーム(半袖)[画像左]は1万4000円(税抜)、レプリカユニフォーム(半袖)は8990円(税抜)で発売。また、KIDS用のレプリカユニフォーム(半袖)[画像右]は6900円(税抜)となっており、ショーツやソックス、GKモデルは発売されない。 2017.04.27 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《ギニア・UAE遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FC東京U-18のMF平川怜や京都サンガF.C.U-18のMF福岡慎平、セレッソ大阪U-18のDF瀬古歩夢らが順当に選出されている。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.26 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

青い生地&右袖に「炎」…アディダスから送られてきた1枚の画像とは

▽25日、アディダスが1枚の画像を公開した。 ▽アディダス フットボールの公式ツイッターでは、先週末から「あの日の炎は、消えたのか。」をキーコピーとしたツイートを投稿。21日には香川真司の写真とともに「暑苦しいまでに貪欲だった頃の日本を思い出せ。」、22日には清武弘嗣の写真とともに「20年前から、テクニックも組織力も向上した。がむしゃらさはどうだ。」と投稿していた。 ▽今回アディダスから送られてきた1枚の画像は、何かのユニフォームの右袖の部分のみ。ブルーのユニフォームに、ツイートのキーコピーである「あの日の炎は、消えたのか。」と同じ炎のモチーフがあしらわれ、まるで約20年前に見た覚えのあるユニフォームを連想させるものとなっている。 ▽ちょうど20年前と言えば、日本全国が歓喜に包まれた瞬間を思い出す。奇跡のゴールに日本中のサッカーファンが歓喜したはず。アディダス フットボールの公式ツイッターでは「あんなに遠かった一点はなかった。あんなに歓喜した一点もなかった」のメッセージとともに、「14 OKANO」と背中に刻まれた画像が投稿されている。 ▽この画像についての詳細情報は一切公開されていないものの、長らくサッカーを見てきた人ならピンと来るものがあるはずだ。画像の詳しい情報は後日公開予定となっており、続報を待ちたい。 2017.04.25 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本が5大会ぶりに出場するU-20W杯をフジテレビが生中継! 日本戦に加え開幕戦、準決勝以降の全試合を放送《U-20W杯》

▽フジテレビは19日、5月20日から6月11日にかけて行われるFIFA U-20ワールドカップ韓国2017を、CS放送のフジテレビONE、フジテレビTWO、フジテレビNEXTで生中継することを発表した。また、フジテレビのインターネットチャンネルでも生配信する。 ▽昨年バーレーンで行われたAFC U-19選手権で見事優勝し、5大会ぶりの出場権を獲得したU-20日本代表。フジテレビが、U-20日本代表のグループステージ3試合の他、開幕戦となるU-20韓国代表vsU-20ギニア代表の試合を生中継する。また、決勝トーナメントは日本の試合に加え、準決勝以降の全試合を生中継する。 ▽日本は、南アフリカ、イタリア、ウルグアイとグループDで同居。初戦は5月21日に南アフリカと対戦し、その後24日にウルグアイ、27日にイタリアと対戦する。 ▽なお、2015年にニュージーランドで行われた前回大会は決勝でブラジルを破ったセルビアが2度目の優勝を果たしている。 2017.04.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表候補メンバーが変更、GK小島亨介とDF舩木翔に代わりGK大迫敬介、DF岩田智輝、MF伊藤洋輝が追加招集《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、明日17日から行われるU-20日本代表候補のトレーニングキャンプメンバーに変更があったことを発表した。 ▽先日発表されたメンバーからGK小島亨介(早稲田大学)がケガのため、DF舩木翔(セレッソ大阪)がコンディション不良のため不参加となる。両選手に代わって、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)、DF岩田智輝(大分トリニータ)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)が追加招集となった。 ▽なお、U-20日本代表候補は17日と18日に千葉県内でトレーニングキャンプを実施。18日にはジェフユナイテッド千葉と練習試合を行う。 2017.04.16 20:53 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース