ニュース

thumb

欧州5大リーグの来季昇格チームが決定! 4部降格のパルマが奇跡の3連続昇格! スペインではウエスカが初昇格

▽16日にヨーロッパ主要リーグ2部の全日程が終了し、来シーズンにトップディビジョンに昇格する全チームが決定した。 ▽イングランドのチャンピオンシップではウォルバーハンプトンとカーディフ・シティが共に自動昇格で久々のプレミアリーグ復帰を決定。また、熾烈なプレーオフを制したフルアムが5シーズンぶりに復帰を果たす。 ▽スペインのリーガエスパニョーラ・セグンダAでは優勝したラージョが3年ぶりの復帰。来季のプリメーラはレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強に加え、ヘタフェ、レガネス、ラージョと首都マドリードに本拠地を置く5クラブが鎬を削ることになる。また、2位で自動昇格のウエスカはクラブ創設58年目で初の昇格となった。さらに、16日に行われたヌマンシアとの昇格プレーオフ決勝を制したバジャドリーも5年ぶりの復帰だ。 ▽イタリアのセリエBでは後半戦に入って圧巻の戦いぶりを見せたエンポリが優勝と共に1年でのセリエA復帰を決めた。また、2015年のクラブ破産で4部に強制降格となったパルマは3シーズン連続昇格という奇跡の快進撃をみせ、最短でのセリエA復帰を果たした。さらに16日に行われた昇格プレーオフ決勝でパレルモ相手にホームで鮮やかな逆転昇格を決めたフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA復帰となる。 ▽ドイツのブンデスリーガ2部では最終節で優勝決定戦を戦ったデュッセルドルフとニュルンベルクが共に自動昇格を決めた。なお、今季デュッセルドルフの逆転優勝に貢献した日本代表MF原口元気と同FW宇佐美貴史は、原口がハノーファーへの移籍が決定し、アウグスブルクからレンタル中の宇佐美に関しても去就は不透明だ。なお、3位で昇格・降格プレーオフに進出したホルシュタイン・キールはブンデスリーガ16位のヴォルフスブルクに敗れ、昇格はならなかった。 ▽フランスのリーグ・ドゥでは古豪スタッド・ランスが3シーズンぶり、ニームが25年ぶりのリーグ・アン昇格を決めた。その一方で、昇格プレーオフを制してリーグ・アン18位のトゥールーズとの昇格・降格プレーオフに臨んだACアジャクシオはトゥールーズの牙城を破れず、昇格はならなかった。 ◆プレミアリーグ(イングランド) 1.ウォルバーハンプトン 2.カーディフ・シティ 昇格PO.フルアム ◆リーガエスパニョーラ(スペイン) 1.ラージョ 2.ウエスカ 昇格PO.バジャドリー ◆セリエA(イタリア) 1.エンポリ 2.パルマ 昇格PO.フロジノーネ ◆ブンデスリーガ(ドイツ) 1.デュッセルドルフ 2.ニュルンベルク ◆リーグ・アン(フランス) 1.スタッド・ランス 2.ニーム 2018.06.17 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが昇格フルアムから右SBのフレデリックスを獲得

▽ウェストハムは5日、フルアムのイングランド人DFライアン・フレデリックス(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間。フルアムとは今季で契約が切れるため、移籍金は発生しない。 ▽トッテナムの下部組織出身である右サイドバックを主戦場とするフレデリックスは、2015年夏にブリストル・シティからフルアムに加入。フルアムでは公式戦114試合に出場して16アシストを記録。2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で44試合に出場して9アシストを記録し、クラブの5季ぶりのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽そのフレデリックスはマヌエル・ペジェグリーニ監督が就任したウェストハムへの移籍について次のように語っている。 「ウェストハムの歴史が移籍を決断した大きな要因だ。それにペジェグリーニ監督を迎え、ウェストハムにとってエキサイティングな時期を迎えていることも移籍を後押ししたね。誰もが監督の作ってきたチームを知っているし、イングランド以外でも成功している監督だ」 ▽フレデリックスはペジェグリーニ体制となったウェストハムにとって最初の補強選手となっている。 2018.06.06 03:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目の18歳セセニョンはフラム残留へ…クラブオーナーが売却を否定

フラムのライアン・セセニョンは、新シーズンも同クラブでプレーを続けることになりそうだ。今シーズン、セセニョンはチャンピオンシップ(英2部)で46試合に出場して15ゴールをマークし、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。この活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムなどの国内ビッグクラブから熱視線を送られている。しかし、フラムのオーナー、シャヒド・カーン氏は「我々はセセニョンが出ていくことを望んでいない。彼も出ていくつもりはないと思う。来たるシーズンも彼はフラムに残る」と退団を否定した。「正直言うと、我々が昇格できなかった場合、選手たちへの責任を果たさなくてはならなかった」とプレミアリーグに復帰できなければ、選手を売却する可能性があったと明かした同氏は「彼は8歳の頃からここにいて、フラムで育った。そして、次のシーズンもここでプレーするはずだ」と強調した。今シーズン、素晴らしい活躍を残した先日18歳になったばかりのセセニョンは、23歳以下の選手に贈られるPFA若手最優秀選手賞にノミネートされるなど、その将来に大きな期待が寄せられている。クラブオーナーのカーン氏が強調したように同選手は新シーズンもフラムでプレーするのだろうか。提供:goal.com 2018.05.30 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがアストン・ビラを退けて5シーズンぶりにプレミア昇格《チャンピオンシップ》

▽プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝、アストン・ビラvsフルアムが26日にウェンブリーで行われ、0-1でフルアムが勝利した。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)で3位となったフルアムはプレーオフ準決勝でダービーを2戦合計スコア2-1と逆転で制し、決勝に進出した。そのフルアムはミトロビッチやセセニョンらがスタメンとなった。 ▽一方、4位でプレーオフに進出したアストン・ビラは準決勝でミドルズブラに1-0で勝利し、決勝に進出。そのアストン・ビラはテリーやスノッドグラス、ジェディナクらをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持したのはフルアム。そして23分、そのフルアムが先制点を奪う。セセニョンのスルーパスに抜け出したボックス右のケアニーが確実にシュートを流し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもフルアムがボールを保持して試合をコントロールした中、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半はアストン・ビラが一転して前がかり、フルアムを押し込む展開で推移。しかし、フルアムの集中した守備を崩しきることができない。70分にはオドイに2枚目のイエローカードが提示され10人となったフルアムを、アストン・ビラが終盤にかけて攻勢を仕掛ける展開となったが、ゴールをこじ開けるには至らず。 ▽逃げ切ったフルアムが5シーズンぶりにプレミアリーグ昇格を果たした。 2018.05.27 02:58 Sun
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表監督、W杯同組のフランスは「FIFAランクほど強くない」

デンマーク代表のオーゲ・ハレイデ監督はロシア・ワールドカップで対戦するフランス代表を特別なチームではないと『ユランズ・ポステン』に語った。フランス、オーストラリア、ペルーと同じグループCに入ったデンマークは、来月16日にサランスクでペルーとの初戦を迎える。現在FIFAランキング7位で、今大会の優勝候補にも挙げられているフランス代表と同組になったデンマークだが、指揮官はランキングほどフランスは強くはないと主張。さらにフランスの主力選手であるマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの髪型を批判した。「彼はマンチェスター・シティ戦では髪を青と白に染めていた。恐らく我々と試合するときは赤と白に染めているだろう。彼は髪型のことしか考えていないのか?」「世界ランキングで上位のチームは世界最高のチームであることが多いが、フランスはそうではない。ストックホルムで行われたスウェーデンとの試合を見たが、彼らは特別なチームではなかった」提供:goal.com 2018.05.26 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズがイングランドの大器ライアン・セセニョン獲得でクラブ間、個人間で合意!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(17)の獲得ですでにクラブ間、個人間での合意を取り付けているようだ。 ▽サンダーランドやWBAでプレーしたベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの後継者と目されており、ポジションを1つ上げた今季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合15ゴール6アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 ▽マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢に加え、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に参戦していると伝えられる中、PSGの内部情報に精通したフランス『Paris United』は、PSGがすでにトッテナムとの合意が決定しているセセニョンの獲得レースから撤退したと報じている。 ▽『Paris United』の伝えるところによれば、PSGはセセニョンサイドと幾度か交渉を行っていたものの、ロンドン残留を希望する選手側から移籍を固辞されたという。さらに、以前から新天地候補の筆頭に挙げられていたトッテナムがクラブ間、個人間での合意を取り付けていると主張している。 ▽なお、トッテナムとフルアムの間で問題となっているのは、セセニョンの加入時期だという。今季のチャンピオンシップを3位で終えたフルアムは、ダービー(6位)、ミドルズブラ(5位)、アストン・ビラ(4位)の4チームが参戦する昇格プレーオフに挑む。そして、フルアムが昇格プレーオフを制してプレミア昇格を果たした場合、1年間のレンタルという形で同選手をフルアムに残留させるという。逆に、フルアムがプレミアに昇格できなかった場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は来季から自身の手元で同選手を育てる意向のようだ。 2018.05.07 20:03 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムの17歳セセニョン、今夏のビッグクラブ行きが濃厚か…指揮官も「注目は当然」

イングランド2部のフルアムはチャンピオンシップ2位に付けており、1部昇格が間近となっている。その原動力となったのが、現在17歳のライアン・セセニョンだ。2000年生まれの同選手は、ここまでリーグ戦44試合に出場し、15ゴール6アシストを記録。その躍進ぶりに今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどが獲得に動くと見られている。サンダーランド戦の前日会見で、フルアムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ監督はセセニョンについて次のように言及している。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。「来シーズンもライアンにはここにいてほしいが、現時点でそれは確実とは言えないかもね。私が言えることは、1部に上がっても上がれなくても、このメンバーで引き続き戦いたいということだ」指揮官はセセニョンについて「実際に何が起こるかは分からないものだが、ライアンは本当に素晴らしい水準のプレーを見せている。だから、イングランドのトップクラブだけではなく、ヨーロッパのビッグクラブも彼に注目しているのは当然のことだと思う」と述べている。5月に18歳となるセセニョンは“新ワンダーボーイ”としてロシア・ワールドカップでのイングランド代表入りも期待されている。フルアムが1部昇格できるかに関わらず、同選手が今夏ビッグクラブに引き抜かれる可能性は十分にありそうだ。提供:goal.com 2018.04.28 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

2部フルアムがプレミア昇格に近づく…17歳セセニョンは今季15ゴールでW杯行きを推す声も

イングランド2部、チャンピオンシップの第44節が行われ、フルアムがミルウォールを下し、プレミアリーグ自動昇格圏である2位に浮上した。この試合では46分にU-21イングランド代表ライアン・セセニョンがゴール前でルーズボールに詰め、先制ゴールを奪う。56分、89分に追加点を奪ったフルアムは3-0で勝利し、勝ち点を85に伸ばして、リーグ2位に順位を上げた。イングランド2部はすでにウォルヴァーハンプトンが1部昇格を決めており、フルアムは早ければ次節にも自動昇格の2位以上が確定する。また、この試合で先制ゴールを決めたセセニョンは、これで今シーズンのゴール数が15に到達。左サイドバック、左サイドMFを本職とする同選手は2000年5月18日生まれの17歳ながら、今シーズンはここまで44試合15ゴール6アシストという成績を残している。この活躍を受けて、地元イングランドではファンの間で「セセニョンは新ワンダーボーイ!」「この若者をイングランド代表に選ぶべき」「ロシア行きの飛行機に乗せよう」といった声が挙がっている。1998年はマイケル・オーウェン、2006年はセオ・ウォルコットと、これまでイングランドは10代の新鋭をワールドカップメンバーに選出した経緯がある。2018年のロシアW杯では、18歳になったセセニョンがW杯メンバーに大抜擢される可能性も十分にありそうだ。提供:goal.com 2018.04.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、スパーズも注目の17歳の逸材セセニョンに38億円用意か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、フルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)に注目しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽フルアムの下部組織出身のセセニョンは攻撃参加を得意とするモダンな左サイドバックだ。高い身体能力とスピードを武器に今季はここまで4ゴール2アシストを記録。17歳ながらすでにU-19イングランド代表にも選ばれ、A代表招集も時間の問題のようだ。 ▽『デイリー・メール』によれば、このヤングスターにユナイテッドは2500万ポンド(約38億円)の移籍金を用意し1月での獲得を狙っているという。さらに同クラブは、獲得したうえでフルアムへのローンバックを画策。出場機会を与えて成長を促す構えのようだ。 ▽マンチェスター・シティの“神童”とも呼ばれるU-17イングランド代表MFフィル・フォーデンに並ぶほどの才能とみなされるセセニョンには、トッテナムも関心を示している模様。同じく2500万ポンドの移籍金を用意し獲得を試みているというが、果たして。 2017.12.25 18:07 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-20イングランド代表FWオジョがフルアムにレンタル移籍!

▽リバプールは16日、U-20イングランド代表FWセイ・オジョ(20)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽リバプールの下部組織出身の左利きのウイングプレーヤーのオジョは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。同シーズンには公式戦11試合に出場し1ゴールを記録するなど、その才能の片鱗を披露した。 ▽さらに、これまでウィガンやウォルバーハンプトンへのレンタル移籍しており、チャンピオンシップでのプレー経験も持っている。 ▽また、今年行われたFIFA U-20ワールドカップではU-20イングランド代表の一員として初優勝に貢献していた。 2017.08.17 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ルビン・カザン、アイスランド代表DFラグナール・シグルドソンをフルアムからレンタルで獲得

▽ルビン・カザンは、フルアムからアイスランド代表DFラグナール・シグルドソン(31)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽R・シグルドソンは、2004年に母国のフィルキルでプロデビュー。その後、ヨーテボリやコペンハーゲン、クラスノダールなど北欧の名門でプレー。2016年の夏にフルアムへ加入すると、昨シーズンは公式戦21試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。 ▽また、各年代のアイスランド代表に選出されてきたR・シグルドソンは、2007年にA代表デビュー。ユーロ2016に出場するなど、これまで69キャップで3ゴールをマークしている。 2017.08.04 00:03 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアム、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFカラスをレンタルで獲得

▽フルアムは27日、昨季に引き続きチェルシーからチェコ代表DFトマシュ・カラス(24)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間となる。 ▽2010年にチェコのシグマ・オロモウツからチェルシーへと加入したカラスは、フィテッセやケルン、ミドルスブラなどへのレンタル移籍を繰り返しており、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムでプレー。 ▽昨シーズンは、主力としてリーグ戦36試合に出場し1ゴール2アシストを記録。2012年11月に行われたスロバキア代表戦でデビューを飾ったチェコ代表では、ここまで7試合に出場している。 2017.07.28 00:31 Fri
twitterfacebook
thumb

初出場のシュライカー大阪はタイの強豪・チョンブリに敗れベスト8で敗退《AFCフットサルクラブ選手権》

▽27日、AFCフットサルクラブ選手権の準々決勝が行われ、チョンブリ・ブルーウェーブ(タイ)vsシュライカー大阪(日本)は4-2でチョンブリが勝利。大会初出場のシュライカー大阪はベスト8で敗退となった。 ▽2016-17シーズンのFリーグを制し、名古屋オーシャンズ以外で初めて同大会に出場したシュライカー大阪。グループステージを2位通過すると、ベスト4進出をかけた戦いはタイの強豪・チョンブリと対戦することとなった。 ▽試合は8分、FPシャパが左サイドからドリブルでカットインしミドルシュート。これがFP佐藤亮に当たってコースが変わり、チョンブリが先制。さらに10分には裏を取ったFPサップホーアットがニアサイドを突いて、チョンブリが追加点。さらに、11分にはGK柿原聡一朗が飛び出すと、最後は冷静にFPジラワットが決めて、チョンブリが早々に3点のリードを奪う。 ▽前半を無得点で終えたシュライカー大阪だったが、パワープレーで反撃を開始。33分にはパワープレーからFPアルトゥールのパスを受けたFP芝野創太が決めて1点を返す ▽さらに34分には、FPアルトゥールの縦パスを受けたFP佐藤亮が反転シュート。これが決まり1点差に。その後もパワープレーを続けるシュライカー大阪だったが、37分にパワープレーのミスを突かれシャパに追加点を許してしまい万事休す。そのまま試合は終了し、4-2でチョンブリがベスト4進出。大会初出場のシュライカー大阪は敗退となった。 2017.07.27 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがピアソンと2年契約延長も引き続きフルアムへレンタル

▽チェルシーは14日、ブラジル人MFルーカス・ピアソン(23)と、2019年6月30日までとなる2年間の契約延長で合意したことを発表した。ただ、新シーズンもチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムへレンタル移籍することが発表されている。 ▽サンパウロ出身でアンダー年代のブラジル代表で活躍し、“NEXTカカ”として期待されていたピアソンは、2012年冬にチェルシーに加入。しかし、チェルシーでは出場機会を得られず、これまでマラガやフィテッセ、フランクフルトにレディングとレンタル移籍を繰り返していた。そして2016-17シーズンはチャンピオンシップで29試合に出場して5ゴール4アシストと活躍し、フルアムを昇格プレーオフ準決勝まで導いていた。 2017.07.15 05:21 Sat
twitterfacebook
thumb

セルタがスペイン人MFホサベド・サンチェスを完全移籍で獲得

▽セルタは4日、フルアムのスペイン人MFホサベド・サンチェス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年間となっている。移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)とのことだ。 ▽セビージャのカンテラ出身であるホサベドは、セントラルMFを本職とするパサー。ラージョでの活躍を受けて2016年夏にフルアムへ移籍。しかし、チームに馴染めず2017年冬にセルタへレンタル移籍していた。そのセルタでは主力として活躍し、リーガエスパニョーラで19試合に出場、ヨーロッパリーグでは8試合に出場していた。 2017.07.05 03:53 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアム、17歳逸材DFセセニョンとプロ契約締結! スパーズ、リバプール、ユナイテッド関心も今夏残留が決定

▽フルアムは28日、U-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年となる。 ▽現在、モンペリエでプレーするベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。今季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、今夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアム残留を決断したようだ。 2017.06.29 00:34 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーからレンタル中のフルアムFWピアソンがアゴを骨折し手術…約2カ月の離脱へ

▽チェルシーからフルアムへレンタル移籍中のブラジル人FWルーカス・ピアソンがアゴの手術を受けるとのことだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ピアソンは、25日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第34節のカーディフ・シティ戦(2-2のドロー)で前半に負傷。その際にアゴを骨折しており、手術を受けたようだ。 ▽クラブの発表によると、ピアソンは約2カ月程度離脱するとのこと。今シーズンはチャンピオンシップで22試合に出場し5得点を記録。現在プレーオフ圏内の下の7位に位置するフルアムにとっては、痛い離脱となった。 2017.02.28 18:06 Tue
twitterfacebook
thumb

王者・名古屋がプライドを見せる!! ホームアリーナでの大阪のリーグ1位を阻止《ゼビオFリーグ》

▽28日に愛知県のテバオーシャンアリーナで、SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第30節の名古屋セントラルの2日目が行われた。 ▽Fリーグの全12チームが一堂に会するセントラル開催。2日目の第1試合はエスポラーダ北海道vsデウソン神戸が行われ、2-1で神戸が逆転勝利を飾った。第2試合のバサジィ大分vsフウガドールすみだは6-5ですみだが辛勝。第3試合は名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪の首位攻防戦が行われ、1-0で名古屋が勝利した。最終試合はヴォスクオーレ仙台vs府中アスレティックFCが行われ、2-0で府中が勝利している。 ◆エスポラーダ北海道vsデウソン神戸 ▽名古屋セントラル2日目第1試合では、9位の北海道(勝ち点30)と7位の神戸(勝ち点39)が対戦した。試合は4分にFP十川祐樹のゴールで北海道が先制する。逆転でのプレーオフ出場のために負けられない神戸は、32分にFP稲田瑞穂のゴールで同点とすると、33分にはFP岡崎チアゴが逆転ゴールを奪取。北海道の反撃を許さず、神戸が逆転勝利を飾った。 ◆バサジィ大分vsフウガドールすみだ ▽第2試合は、8位の大分(勝ち点31)と3位のすみだ(勝ち点57)が激突。前半から点の奪い合いとなると、2-2で迎えた15分にFP宮崎暁のゴールですみだが勝ち越しに成功する。さらにすみだは36分にFP清水和也がハットトリックとなるゴールを奪い、6-3と大分を突き放した。しかし大分はここからパワープレーに出ると、38分にFP森村孝志、40分にFP芝野創太がネットを揺らす。しかし反撃もここまで終わり、すみだが逃げ切っている。 ◆名古屋オーシャンズvsシュライカー大阪 ▽第3試合は、今大会のメインマッチである2位の名古屋(勝ち点66)と首位の大阪(勝ち点12)のシックスポインターとなった。試合は立ち上がりからゴール前で迫力ある攻防が見られるも、前半はゴールレスで終える。後半も互いにチャンスを決めきれない中、この試合で引き分け以下に終われば大阪にリーグ1位を奪われる名古屋が、31分に5ファウルとなり絶体絶命に。すると37分からはその名古屋がパワープレーに入って勝利を目指す。迎えた終了12秒前にFP酒井ラファエル良男のゴールが決まって勝負あり。名古屋が王者のプライドを見せて、ホームアリーナでの大阪のリーグ1位決定を阻止した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs府中アスレティックFC ▽今大会の最終戦では、12位の仙台(勝ち点12)と5位の府中(勝ち点45)が対戦した。試合は17分にFP渡辺知晃が個人技でゴールを奪い切って府中が先制する。そのまま前半を終えると、後半も府中が主導権を握る展開に。迎えた33分にFP柴田祐輔のゴールが決まって勝負あり。パワープレーに出た仙台の攻撃を封じた府中が勝ち点3を獲得し、プレーオフ出場に一歩前進した。 2017.01.28 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フルアムへ武者修行中のピアソンのレンタル期間を今季終了までに延長

▽チェルシーは17日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムへ武者修行中のブラジル人MFルーカス・ピアソン(22)のレンタル期間を今季終了まで延長したことを発表した。 ▽サンパウロ出身でアンダー年代のブラジル代表で活躍し、“NEXTカカ”として期待されていたピアソンは、2012年冬にチェルシーに加入。しかし、チェルシーでは出場機会を得られず、これまでマラガやフィテッセ、フランクフルトにレディングとレンタル移籍を繰り返していた。そして今季はハーフシーズンの契約でフルアムにレンタル移籍し、リーグ戦16試合に出場して3ゴールをマークしていた。 2017.01.18 01:17 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタが昨季までラージョでプレーしていたMFホサベド・サンチェスを買取りOP付きレンタルで獲得

▽セルタは13日、フルアムのスペイン人MFホサベド・サンチェス(25)を買取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したと発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽セビージャのカンテラ出身である攻撃的MFのホサベド・サンチェスは、ラージョで頭角を現した。そして、2016年夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムへ3年契約で完全移籍。しかし、今季のリーグ戦では7試合の出場に留まり、先発したのはわずか1試合に終わっていた。 2017.01.14 00:07 Sat
twitterfacebook
thumb

4発圧勝ユナイテッドがフェイエノールト撃破で2位に浮上! ルーニーがUEFA主催大会におけるクラブ最多ゴール記録者に《EL》

▽マンチェスター・ユナイテッドは25日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループA第5節でフェイエノールトとオールド・トラフォードで対戦し、4-0と圧勝した。また、この試合で1ゴールを挙げたFWウェイン・ルーニーが、UEFA主催大会におけるユナイテッドの歴代最多ゴール記録保持者(39ゴール)となった。 ▽第4節でフェネルバフチェに敗れ、3位に転落したユナイテッド(勝ち点6)。その一戦で首位に浮上したフェネルバフチェ(勝ち点7)と勝ち点で並んでいる2位フェイエノールト(勝ち点7)をホームに迎えた。 ▽今節の結果次第ではグループステージ敗退の可能性もあるユナイテッドは、直前のアーセナル戦から6選手を変更。GKデ・ヘア、ロホ、ダルミアン、エレーラ、マルシャル、ラッシュフォードに代えて、GKロメロ、ショー、ブリント、ムヒタリャン、ルーニーらが入り、1トップにイブラヒモビッチを起用された。なお、モウリーニョ監督の構想外とも噂されるムヒタリャンが、移籍後2度目のスタメンに抜擢された。 ▽ポイントロスは許されないユナイテッドは試合序盤、前線から積極的にプレスをかけ、ポグバを中心としたパス回しで攻めあがる。しかし、国内リーグで屈指の守備力を誇るフェイエノールトを前にゴール前まで侵入することができず、シュートを打たされる展開が続く。 ▽徐々にユナイテッドのペースになると19分、ショートコーナーからのこぼれ球をキャリックがボックス手前からシュートを放つと、キーパーの脇をすり抜ける。しかし、カイトがブロックしてゴールを死守し、先制点とはならず。すると、今度はフェイエノールトがカウンターを仕掛ける。26分、左サイドへのロングフィードに抜け出したエリアがボックス左からクロスを入れると、カルスドルプ、カイトが立て続けにシュートを放つも、GKロメロが最後は足でセーブする。 ▽互いにチャンスを作り合う中で迎えた35分、均衡が破れる。ルーニーが左サイドを駆け上がり、ボックス手前にパスを送る。イブラヒモビッチがキープして相手をひきつけ、ボックス内に走りこんだルーニーにリターンパスを送ると、イングランド代表FWはGKのポジションを見極めてループシュートを放ち、ゴールネットを揺らす。このゴールでルーニーは、元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏と並んでいたUEFA主催大会でのクラブ得点記録を「39」に更新した。 ▽後半に入ると、ユナイテッドがさらにギアを上げる。50分、イブラヒモビッチからパスを受けたマタがボックス手前で3人に囲まれるも巧みに反転し、ループシュート。うまく相手の不意をつくも、GKジョーンズがなんとか左手で弾き出し、追加点とはならない。 ▽マタ、ルーニー、ムヒタリャンがフレキシブルな動き出しで、流動的な攻撃を仕掛けるユナイテッドは69分、イブラヒモビッチのパスに反応し、ボックス内に侵入したルーニーがキーパーをひきつけ横パス。走りこんだマタがこれを押し込み、2-0とする。さらに75分、ラッシュフォードのパスにイブラヒモビッチがボックス内左に抜け出すと、中央へパス。これがGKジョーンズの足に当たってゴールに吸い込まれ、試合を決定付ける3点目を奪取した。 ▽さらに後半アディショナルタイムにも途中出場のリンガードが決め、終わってみれば4-0とユナイテッドが圧勝。敗れれば今節でのGS敗退の可能性もあった中でフェイエノールトを粉砕し、2位に浮上した。 ▽また、同日行われたグループAのもう一試合、フェネルバフチェvsゾリャは2-0でフェネルバフチェが勝利している。この結果、フェネルバフチェは首位をキープ。決勝トーナメント進出を巡る3チームの争いは最終節まで持ち越すことになった。なお、ユナイテッドは、最終節で今節GS敗退が決まったゾリャと対戦する。 2016.11.25 08:16 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋がすみだとの上位対決を制して首位をキープ!!《ゼビオFリーグ》

▽3日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第17節の4試合が行われた。バサジィ大分vsバルドラール浦安は、浦安が5-3で勝利。ヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸は、神戸が5-3で勝利し、フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズは名古屋が3-2で競り勝った。府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松は、3-3のドローに終わっている。 ◆バサジィ大分vsバルドラール浦安 ▽5位の大分(勝ち点26)と7位の浦安(勝ち点21)の対戦。試合は2分に熊谷知紀のゴールで大分が先手を取る。しかし浦安は直後にチュスのゴールで同点とすると、そこから2ゴールを重ねて前半のうちに3-1と逆転に成功した。後半は大分が、元浦安の田中優輝のゴールなどで3-3と試合を振り出しに戻すが、終盤に浦安がケニーと小宮山友祐が連続ゴールを奪い、アウェイで勝ち点3を獲得した。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsデウソン神戸 ▽11位の仙台(勝ち点8)と8位の神戸(勝ち点20)の対戦。前半こそ1-1とロースコアに終わるも、後半は打ち合いとなる。25分にそれぞれが1ゴールを加えて2-2となると、26分に松宮充義のゴールで神戸が勝ち越し。その後も稲田瑞穂、相井忍と神戸のゴールスコアラーが連続でネットを揺らし、仙台の反撃を1点に食いとどめて5-3で勝利した。 ◆フウガドールすみだvs名古屋オーシャンズ ▽3位のすみだ(勝ち点35)と首位に立つ名古屋(勝ち点39)の上位対決は、14分に星龍太のゴールで名古屋が先制する。そのまま後半を迎えると、26分には前鈍内マティアスエルナンが追加点を奪う。すみだは25分に山村和士がFリーグ初ゴールを奪い点差を詰めるも、27分にはシンビーニャがネットを揺らして、名古屋が3-1とした。28分、すみだは右サイドのキックインから名古屋のオウンゴールを誘発して1点差とするが反撃もここまで。名古屋が上位対決を制して首位をキープした。 ◆府中アスレティックFCvsアグレミーナ浜松 ▽6位・府中(勝ち点23)と12位・浜松(勝ち点8)の一戦は、2分に山蔦一弘のゴールで浜松が先行すると、16分には萩原洪拓が追加点を奪う。府中も16分に永島俊がネットを揺らして前半を終えると、24分には宮田義人が同点ゴールを奪う。迎えた31分、シーズン中に府中から浜松に加入した三井健のお礼弾が決まって浜松が勝ち越し。直後からパワープレーにでた府中は、39分に皆本晃が同点ゴールを奪う。そこから浜松もパワープレーを選択するなど、お互いに勝利を目指してしのぎを削るがドロー決着となった。 2016.11.03 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロで躍動したアイスランド代表DFシグルドソンがフルアム加入

▽フルアムは23日、ロシアのFCクラスノダールからアイスランド代表DFラグナル・シグルドソン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となるが、クラブ側に1年の契約延長オプションの権利が付随している。 ▽これまでコペンハーゲンやクラスノダールで活躍してきたシグルドソンは、ユーロ2016で奇跡のベスト8進出を果たしたアイスランド代表のディフェンスリーダーとして印象的なパフォーマンスを披露した。 ▽安定した守備力に加え、イングランド代表戦で1ゴールを挙げる勝負強さを見せた同選手には、レスター・シティやトッテナムへの移籍の噂も挙がっていたが、新天地はチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムとなった。 2016.08.24 01:49 Wed
twitterfacebook
thumb

上海上港でフッキ加入の煽りを受けたギャンがフルアム移籍か

▽上海上港でプレーするガーナ代表FWアサモア・ギャン(30)にイングランド復帰の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽上海上港では今夏、かつて東京ヴェルディなどでプレーするなど日本にも馴染の深いブラジル代表FWフッキが加入。これを受け、ギャンはリザーブチームに降格している。 ▽そんな中、『スカイ・スポーツ』が伝えたところによれば、元サンダーランドFWには、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムが獲得に興味を示しているという。 ▽なお、本人もこの移籍に前向きな様子。早ければ、今週中にもメディカルチェックのため、現地へ赴く可能性があるようだ。 2016.08.23 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今季初の連勝で湘南が湘南ベルマーレフットボールDayを白星で飾る《ゼビオFリーグ》

▽13日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第10節の湘南ベルマーレvsアグレミーナ浜松が行われ、4-2で湘南が勝利した。 ◆湘南ベルマーレvsアグレミーナ浜松 ▽今回の一戦は、湘南ベルマーレフットサルクラブと、湘南ベルマーレサッカークラブ合同イベントの湘南ベルマーレフットボールDay として、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた。試合は11分に岡村康平のゴールで湘南が先制すると、13分には安嶋健至が追加点を奪う。しかし浜松もそこから反撃に出ると、17分に和久田章太のゴールで1点差として前半を終えた。 ▽迎えた後半も25分に安嶋のこの日2点目で湘南がリードを広げる。浜松も28分に萩原洪拓のゴールで迫るが、38分にキャプテンの浦上浩生のゴールで湘南が4-2とする。浜松は失点直後から須藤慎一をGKに置いたパワープレーに出るが、追いつくことはできずに試合は終了。勝利した湘南が10位に浮上し、浜松は11位に後退した。 2016.08.13 22:52 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアムやC・パレスで活躍した元ノルウェー代表DFハンゲランが現役引退

▽フルアムやクリスタル・パレスで活躍した元ノルウェー代表DFブレデ・ハンゲラン(35)が、5日に現役引退を表明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽16年間のプロキャリアを終えることになったハンゲランは、『スカイ・スポーツ』で以下のようなコメントを残している。 「私は長い時間をかけて真剣に将来のことを考え、キャリアを終えるときが来たと感じたんだ」 「そして、キャリアの半分にあたる長い時間を過ごした、この美しい国で引退を発表することにした」 「今回の決断について、悲しいと感じるか、幸せと感じるか、2通りの考え方があると思う。私はとても幸せなことだと思っている」 「今回の決断は私にとって悲しいことだ。だけど、いつ終えるのが相応しいか理解することが最も大事なことだと思っている」 ▽母国のヴァイキングでプロキャリアをスタートしたハンゲランは、コペンハーゲンを経て、2008年にフルアムへ移籍。加入2年目にレギュラーポジションを掴んだ199cmの長身センターバックは、2009-10シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)の準優勝に貢献。また、2010-11シーズンはリーグ戦でキャリアハイの6ゴールを記録していた。 ▽その後、2014年に同じロンドンに居を置くクリスタル・パレスに加入し、2シーズンに渡ってプレー。同シーズン終了後に契約が終了し、フリーの状態が続いていた。また、2002年にデビューを飾ったノルウェー代表では、通算91試合に出場し、4ゴールを記録していた。 2016.08.05 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スポルティング・ヒホン、元ビルバオDFアモレビエタを獲得

▽スポルティング・ヒホンは22日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムに所属するベネズエラ代表DFフェルナンド・アモレビエタ(31)を獲得したことを発表した。移籍金は発表されておらず、契約期間は3年となっている。 ▽ビルバオのカンテラ出身であるアモレビエタは左利きのセンターバック。ビルバオ時代には不動のレギュラーとして公式戦通算195試合に出場していた。2013年夏にフルアムへ移籍して以降はややパフォーマンスを落とし、2015-16シーズンはチャンピオンシップのミドルスブラへレンタル移籍していた。そのミドルスブラでは控えとしてリーグ戦11試合に先発していた。 2016.07.23 02:39 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシーのチェコ代表DFカラスがフルアムへレンタル

▽フルアムは13日、チェルシーのチェコ代表DFトマシュ・カラス(23)がレンタル移籍で加入することを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2010年にチェコのシグマ・オロモウツからチェルシーへと加入したカラスは、フィテッセやケルン、ミドルスブラなどへのレンタル移籍を繰り返しており、2016-17シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムでプレーすることとなった。 ▽昨シーズンはミドルスブラでチャンピオンシップ26試合に出場。プレミアリーグ昇格に貢献していた。また、2012年にチェコ代表デビューを果たし3試合に出場している。 2016.07.14 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

新たな挑戦が続くモウリーニョ家 スペシャルワンに続いて息子のフラム入団が決定

新シーズンからマンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の息子が1日、フルアム入団を明らかにした。モウリーニョ家にとっては、忘れられない夏となるかもしれない。“スペシャルワン”のユナイテッド指揮官就任に続き、16歳の息子ジョゼ・モウリーニョJrが、『インスタグラム』でフルアムと2年契約を結んだことを明らかにしたのだ。父親が指揮を執ったチェルシーやレアル・マドリーの下部組織に属したモウリーニョJrは、母親と一緒に契約に臨んだ様子を写真で公開し、「応援してくれるみんな、ありがとう。誇れるようにしてみせるよ」と意気込みを表している。祖父と同じくゴールキーパーとしてプレーするモウリーニョJrは、ロンドンの地で父と離れて高みを目指す。提供:goal.com 2016.07.02 04:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ステケレンブルフが恩師クーマン監督率いるエバートンへ移籍

▽エバートンは1日、フルアムのオランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフ(33)の獲得を発表した。契約期間は3年で移籍金は発表されていない。 ▽エバートンの新指揮官に就任したロナルド・クーマン監督と、アヤックス、サウサンプトンで師弟関係にあったステケレンブルフは移籍について次のように語っている。 「とてもハッピーだよ。移籍の話はここ数日で、本当に早く決まったんだ。クーマンがエバートンの監督に就任して、僕に来る気があるかを電話で確認してきたんだ。移籍の決断を下すのは難しくなかったよ.彼は最高の監督の一人だし、何でも話し合える。僕自身もイングランドに2シーズン居て、プレミアリーグに慣れているし好きなんだ」 ▽また、クーマン監督はステケレンブルフについて以下のように述べた。 「マールテンとは以前、2つのクラブで働いている。だから彼のプロフェッショナリズム、勤勉さ、パーソナリティーを知っている。エバートンでのチーム作りにおいて、彼ならうまくフィットしてくれるはずだ」 2016.07.02 03:37 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp