ニュース

thumb

ユナイテッド、今月セレソンデビューの若き司令塔パケタ争奪戦に参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、フラメンゴに所属するブラジル代表MFルーカス・パケタ(21)の獲得レースに参戦するようだ。フランス『Le10 Sport』が伝えている。 ▽フラメンゴ下部組織出身のパケタは、2016年にトップチーム昇格を果たすと、それと同時に2020年6月まで契約を延長。トップ下を主戦場とするブラジル期待のアタッカーは、今シーズンここまで国内リーグ戦で21試合6得点2アシストを記録しており、今月8日に行われたアメリカ代表との国際親善試合でブラジル代表デビューも飾った。 ▽伝えられるところによると、ユナイテッドはパケタ獲得に向けて交渉を開始した模様。契約解除金は5000万ユーロ(約65億円)に設定されているようだ。 ▽現在パケタには、パリ・サンジェルマンも獲得に動いているほか、バルセロナやマンチェスター・シティ、チェルシーといった欧州の数々のビッグクラブが興味を抱いていることが伝えられている。果たしてユナイテッドはこの争奪戦を制することができるのだろうか。 プレミアリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.19 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発のザネ弾などでシティがフルアムに3発快勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第5節でフルアムをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ニューカッスル戦をウォーカーのスーパーミドル弾で2-1と競り勝って3勝1分けとしたシティは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中、ザネとオタメンディが今季初スタメンとなり、負傷で代表戦を辞退したスターリングが先発となった。 ▽[4-1-4-1]で臨んだシティは2列目に右からスターリング、ベルナルド・シウバ、ダビド・シルバ、ザネと並べ、最前線にアグエロが入った。そのシティは開始2分にあっさり先制する。インターセプトしたフェルナンジーニョがボックス左まで持ち上がり、クロスボールをザネが押し込んだ。 ▽ザネの今季初ゴールで先制したシティはさらに14分、B・シルバのパスでボックス右まで抜け出したスターリングがシュートを浴びせるも、GKの股間に当たったシュートはバーを叩いた。それでも21分、B・シウバが右サイドゴールライン際で粘って中にパスを送ると、アグエロがシュート。ルーズとなったボールをD・シルバが蹴り込んでシティが追加点を挙げる。 ▽劣勢のフルアムは30分、シュールレがGKエデルソンを強襲するシュートを浴びせるも、前半終盤にかけてもザネやスターリングがゴールに迫ったシティが主導権を握り、前半を2点のリードで終えた。 ▽迎えた後半開始2分、シティが決定的な3点目を挙げる。右サイドでドリブルを仕掛けたアグエロがボックス右まで侵入してクロスを送り、ゴール前でフリーとなっていたスターリングが押し込んだ。 ▽アグエロをお役御免とし、ガブリエウ・ジェズスを投入したシティは、59分にフェルナンジーニョがミドルシュートでゴールに迫るなど、フルアムを圧倒し続ける。 ▽74分にはスターリングもお役御免としたシティが終盤にかけてもフルアムに流れを渡さず3-0で快勝。今季4勝目を挙げている。プレミアリーグを観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.09.16 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

8月の月間最優秀選手はトッテナムFWルーカス・モウラ!ユナイテッド戦2Gのブラジル代表が初受賞!!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグは7日、トッテナムのブラジル代表FWルーカス・モウラが8月の月間最優秀選手に選ばれたことを発表した。 ▽今年1月にパリ・サンジェルマンから加入したモウラ。昨季のリーグ戦出場は6試合にとどまったものの、MFソン・フンミンがアジア競技大会に臨むU-23韓国代表のオーバーエイジ枠として選出されたこともありチャンスが回ってくると、8月の3試合で3ゴールをマーク。第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦では2ゴールを記録し勝利に導いた。 ▽初めてこの賞を受賞したモウラは、プレミアリーグ公式サイトで「今の感情を説明するのは難しい。このトロフィーを貰うことがどれほど難しいか知ってるから本当に嬉しいよ。この瞬間をどれだけ待ちわびたことか…」と喜びのコメントを残した。 ▽また、同月の最優秀監督にはワトフォードのハビ・グラシア監督が選ばれた。今年1月に就任したスペイン人指揮官は、プレミアリーグではクラブ史上初の開幕3連勝に導いた。 ▽こちらも初受賞となるグラシア監督は「とても嬉しい。今の状況を楽しんでいるよ。誰もこうなるとは予想してなかっただろう。一日一日を楽しんでいこうと思う」と、落ち着いたコメントをした。 ▽さらに、月間最優秀ゴールにはフルアムのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリの、第3節バーンリー戦で見せた圧巻ミドルシュートが選ばれた。ボックス手前でボールを持ったセリはそこから右足を振り抜き、ゴール右上隅に強烈なシュートを突き刺した。今夏ニースから加入したセリも初受賞だ。 2018.09.07 20:40 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズがダービー制して開幕連勝! トリッピアー芸術FK弾にケインがキャリア初の8月ゴール!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、トッテナムvsフルアムのロンドン・ダービーが18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-1で勝利した。 ▽ニューカッスルとの開幕戦を2-1で制するも勝ち点3以外にプラス材料の少なかったトッテナム。仮本拠地ウェンブリー・スタジアムで迎えるホーム開幕戦ではクリスタル・パレスとの開幕戦を0-2で落とした昇格組フルアムとのダービーに臨んだ。ニューカッスル戦からは先発2人を変更。オーリエとムサ・シソコに代えてトリッピアーとアルデルヴァイレルトが起用され、[3-4-3]の布陣に変更した。 ▽立ち上がりからボールを保持して押し込むトッテナムは6分、右サイド深くでサイドチェンジを受けたトリッピアーのクロスをケイン、デレ・アリと頭でk~いでゴール左のベン・デイビスがすかさずクロス。これをゴール前でフリーのルーカス・モウラが頭で合わすが、これを枠の右に外す。直後には相手の背後に抜け出したルーカスがドリブルでボックス内に抜け出すが、タッチが大きくなってしまい飛び出したGKファブリと交錯。こぼれ球をケインが流し込むが、ファブリへのファウルで認められず。 ▽その後も相手を押し込み続けると、14分にはカウンターからエリクセンのラストパスに抜け出したケインがボックス内に持ち込んでシュートを試みるが、ここはDFフォス=メンサーに足を踏まれて打ち切れなかったうえ、さらに主審はPKを与えず。 ▽前半半ばから終盤にかけても右サイドのトリッピアーとエリクセンを起点に決定機を作り続けるトッテナムだが、28分にカーニー、39分にライアン・セセニョンに決定機を許すが、ここはGKロリスの2つのファインセーブで凌ぐ。すると43分、右サイドでトリッピアーの浮き球パスに反応したエリクセンがゴール右でシュートを放つがブロックに遭う。だが、このこぼれ球をボックス右で拾ったルーカスが見事な左足のダイレクトシュートでゴール左隅に突き刺し、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。 ▽1点リードで試合を折り返したトッテナムだが、52分に左サイドを攻めあがったブライアンに鋭いクロスを許すと、これをファーのセセニョンにワンタッチで折り返され最後は直前にスリップしていたミトロビッチに泥臭く頭で押し込まれる。 ▽早い時間帯に勝ち越したいホームチームはダビンソン・サンチェスを下げてデンベレ、ダイアーに代えてラメラを後半半ばまでにピッチに送り出し、より攻撃的な[4-2-3-1]の布陣にシフト。71分には右サイドからのアーリークロスに完璧に反応したケインがワンタッチボレーもこれはクロスバーを叩く。 ▽徐々に焦りが見え始めるトッテナムだったが、先のロシアW杯で多くのイングランドファンを魅了したトリッピアーの右足がチームを救う。74分、ボックス手前中央でデレ・アリが倒されて得たFKの場面で名手、エリクセンを差し置いてキッカーを務めたトリッピアーが右足を振り抜くと、壁の上を越えてから急激に落ちた見事なシュートがゴール左隅を射抜いた。さらに77分にはカウンターからラメラのスルーパスに抜け出したケインがボックス左で冷静にDFを外してファーポストに右足の丁寧なコントロールシュートを流し込み、キャリアで初となる8月のゴールを奪った。 ▽その後、シュールレらを投入したフルアムの反撃を冷静に凌ぎ切ったトッテナムがウェンブリーでのホーム開幕戦となったフルアムとのダービーを3-1で快勝し開幕2連勝とした。プレミアリーグ観るならDAZN!1カ月のお試し無料視聴はコチラから! 2018.08.19 01:13 Sun
twitterfacebook
thumb

フルアムが昨季EFLカップで躍動したブリストルDFブライアンを獲得

▽フルアムは9日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティから、DFジョー・ブライアン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となり、1年間の延長オプションも付帯している。 ▽ブライアンは、ブリストル・シティの下部組織出身で、バース・シティやプリマスなど下部リーグでプレー。自身初のプレミアリーグ挑戦となる。 ▽ブリストル・シティでは、公式戦230試合に出場し21ゴール29アシストを記録。左サイドバックのレギュラーとしてプレーし、今シーズンもチャンピオンシップの開幕戦であるノッティンガム・フォレスト戦でフル出場を果たしていた。 ▽昨シーズンはブリストル・シティのEFLカップでの躍進に大きく貢献。4回戦のクリスタル・パレス戦、準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では左サイドハーフとして出場し、それぞれ1ゴールを決めて勝ち上がりに貢献。準決勝ではマンチェスター・シティに敗れたものの、ここでの活躍も注目の的となっていた。 2018.08.10 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のフルアム、酒井宏樹の同僚MFと5年契約 推定移籍金31億円

▽フルアムは9日、マルセイユに所属するカメルーン代表MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギッサ(22)の獲得を発表した。契約期間は5年となる。 ▽日本代表DF酒井宏樹の僚友であるザンボ・アンギッサは、2015年にマルセイユでプロデビュー。2017-18シーズンは公式戦56試合に出場するなど、ヨーロッパリーグ決勝進出に貢献した。 ▽ザンボ・アンギッサはクラブ公式サイトで「フルアムと契約できて嬉しい。僕にとって、キャリアの新章。本当に楽しみだ。ベストを尽くすことを誓う」とコメントしている。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は推定2230万ポンド(約31億7000万円)とみられる。 ▽フルアムは、今シーズンからプレミアリーグに復帰する昇格組。11日に行われるプレミアリーグ開幕節でクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。 2018.08.10 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フォス=メンサー、2季連続の武者修行へ! フルアムにレンタル加入

▽フルアムは9日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表DFティモシー・フォス=メンサー(20)のレンタル加入を発表した。 ▽最終ラインの一角だけでなく守備的MFもこなせるフォス=メンサーは、2016年にユナイテッドでプロデビュー。2017年夏にレンタルでクリスタル・パレスに加わり、公式戦24試合に出場した。 ▽2シーズン連続で武者修行の旅に出ることになったフォス=メンサーは、クラブ公式サイトで「素晴らしい歴史があるクラブだ。優秀な選手も多い。ここに来られて嬉しいし、自分の成長に繋げたい」とコメントしている。 ▽フルアムは、今シーズンからプレミアリーグに復帰する昇格組。11日に行われるプレミアリーグ開幕節でクリスタル・パレスをホームに迎え撃つ。 2018.08.10 09:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアム、アトレティコ・マドリーからFWビエットをレンタルで獲得

▽フルアムは9日、アトレティコ・マドリーからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2015年夏の移籍市場でビジャレアルからアトレティコに加入したビエットだったが、思うように出場機会を得られず、昨シーズンはリーガエスパニョーラ前半終了時点で、公式戦10試合無得点かつ、フル出場はコパ・デル・レイでの2回のみと苦境に立たされていた。 ▽出場機会を求めて今冬にレンタル移籍で加入したバレンシアでは、公式戦19試合に出場し5ゴール1アシストを記録していた。 ▽フルアムへの移籍が決まったビエットは、公式サイトで以下のように語っている。 「僕はフルアムとサイン出来てとても嬉しいよ。明日から新たなチームメイトと一緒に新シーズンをスタートできることを楽しみにしているよ」 「イングランドでのプレーは今回が初めてなんだ。これは僕にとって、とても大きな変化だね。僕はチームのために全力の限りを尽くしたいと思っているよ」 2018.08.10 05:10 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアムがセビージャからスペイン代表GKセルヒオ・リコをレンタルで獲得

▽フルアムは9日、セビージャからスペイン代表GKセルヒオ・リコ(24)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽セビージャの下部組織出身のリコは、2014-15シーズンにトップチーム昇格を果たすと、ポルトガル代表GKベトらの負傷離脱を受けて、2014年9月のヘタフェ戦でリーガデビューを飾った。 ▽これをキッカケにセビージャの正GKの座を掴んだリコは、クラブのヨーロッパリーグ連覇に大きく貢献するなど、在籍4シーズンで公式戦170試合に出場し58試合のクリーンシートを達成。昨シーズンもリーガエスパニョーラ24試合、チャンピオンズリーグ(CL)8試合に出場していたが、3月以降はGKダビド・ソリアにポジションを譲り、出場機会が激減していた。 ▽フルアムへの移籍が決まったリコは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ロンドンで最古のクラブとサインできて本当に嬉しく思っているよ。僕はすでにトレーニングを始めている。これから新たなチームメイトに会うことや、来週から始まる新シーズンのことを考えるとワクワクするよ」 2018.08.10 02:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFチャンバースが昇格フルアムにレンタル移籍

▽プレミアリーグに昇格したフルアムは7日、アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(23)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間となっている。 ▽右サイドバック兼センターバックのチャンバースは、2014年夏にサウサンプトンからアーセナルへ移籍。アーセナルではこれまで公式戦83試合に出場しているが、主力にはなりきれずミドルズブラへのレンタルも経験していた。昨季はアーセナルでプレーし、プレミアリーグ12試合、ヨーロッパリーグ8試合に出場していた。また、2014年9月にデビューしたイングランド代表ではこれまで3試合に出場しているが、2014年11月以降招集されていない。 ▽フルアムへのレンタル移籍が決まったチャンバースは次のようにコメントしている。 「昨季、フルアムの試合をよく見ていたけど、良いサッカーをするね。監督も素晴らしいよ。フルアムのサッカースタイルは僕が好きなスタイルで合っていると思うよ」 2018.08.08 06:42 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格フルアム、降格スワンズから昨季プレミアフルタイム出場のCBモーソンを獲得

▽フルアムは2日、チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したスウォンジーからイングランド人DFアルフィー・モーソン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドにレンタルで在籍経験のあるセンターバックのモーソンは、2016年夏にバーンズリーからスウォンジーへ移籍。スウォンジーでは在籍2シーズンで公式戦71試合に出場して7ゴール1アシストを記録。2017-18シーズンはプレミアリーグでフルタイム出場し、2ゴールを決めていた。 ▽5季ぶりのプレミアリーグを戦うフルアムはこの夏、ドイツ代表FWアンドレ・シュールレや、セルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチらを獲得している。 2018.08.03 03:11 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアム、降格スウォンジーからイングランド代表DFモーソン獲得へ

▽今シーズンからプレミアリーグに復帰するフルアムがスウォンジーのイングランド代表DFアルフィー・モーソン(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、プレミア復帰に向けて最終ラインの主力の獲得を目指してきたフルアムは、イングランド屈指の若手センターバック獲得に向けて1500~2000万ユーロ(約19億5000~26億円)といわれるオファーを掲示し、スウォンジーとクラブ間での合意に至ったという。そして、同選手は31日にメディカルチェックを受診した後、正式契約にサインする見込みだ。 ▽188cmの長身を生かしたタイトな対人守備と安定したビルドアップ能力が魅力のモーソンは、2016年にバーンズリーからスウォンジーに加入。スウォンジーでは2シーズンに渡ってディフェンスリーダーを担ってきた。しかし、クラブの2部降格に伴い、今夏の移籍市場ではプレミアリーグの中堅クラブから熱心なオファーが届いていた中、フルアムを新天地に選んだようだ。 2018.07.31 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアム、ニューカッスルからセルビア代表FWミトロビッチを獲得

▽フルアムは30日、ニューカッスルからセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、背番号は9を着用する。 ▽2015年の夏にアンデルレヒトからニューカッスルに加入したミトロビッチは、在籍2年半で公式戦72試合に出場し17ゴール10アシストをマーク。今年1月にレンタルで加入したフルアムでは、リーグ戦17試合に出場し12ゴールを記録するなど、クラブのプレミアリーグ昇格の原動力となった。 ▽また、2013年6月にデビューしたセルビア代表ではこれまで40キャップを記録。今夏に行われたロシア・ワールドカップでもセルビア代表としてグループステージ全3試合に先発し1ゴールを挙げた。 2018.07.31 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シュールレが昇格フルアムに2年レンタルで加入、4年ぶりプレミア復帰

▽プレミアリーグに昇格したフルアムは25日、ドルトムントのドイツ代表MFアンドレ・シュールレ(27)を2年レンタルで獲得したことを発表した。 ▽2016年夏にヴォルフスブルクからドルトムントに加入したウインガーのシュールレは、度重なるケガやポジション争いに破れて出場機会が限られ、ドルトムントでは本領を発揮できず。2017-18シーズンはブンデスリーガで18試合の出場1ゴール6アシストの記録となっていた。また、ロシア・ワールドカップのメンバーからも漏れていた。 ▽なお、シュールレは2013~15シーズンにチェルシーに在籍しており、4年ぶりのプレミアリーグ復帰となる。 ▽そのシュールレはフルアム加入について次のように語っている。 「フルアムは最初に関心を示してくれたクラブだった。僕を高く評価してくれたことが、移籍を決める要因となったね。ポジション争いに臨まなければならないけど、チームを助けられる選手だとういことを示さなければならない」 2018.07.26 06:10 Thu
twitterfacebook
thumb

シュールレ、4季ぶりプレミア復帰へ! 25日にフルアムのメディカルチェック受診予定

▽ドルトムントのドイツ代表MFアンドレ・シュールレ(27)のフルアム移籍が迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽21日にドルトムントのツイッター(@BVB)によって他クラブと交渉中であることが伝えられたシュールレ。伝えられるところによると、フルアムへの移籍が近づいており、シュールレはすでにロンドンへ。25日にフルアムのメディカルチェックを受ける予定とのことだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、シュールレに対してはミランやクリスタル・パレスも獲得に動いていたようだ。 ▽2016年夏にヴォルフスブルクからドルトムントに加入したシュールレ。しかし、度重なるケガにより出場機会が限られてしまい、2シーズンでの公式戦出場は51試合だった。フルアム移籍が実現すれば、チェルシーに在籍していた2015年以来のプレミアリーグ復帰となる。 2018.07.25 08:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアム、ミトロビッチ獲得難航でソシエダのエースにターゲット変更か

▽プレミアリーグ昇格組のフルアムがレアル・ソシエダのブラジル人FWウィリアン・ジョゼ(26)の獲得に動いているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽フルアムでは昨季途中にニューカッスルからレンタル移籍で獲得し、プレミアリーグ昇格の原動力となったセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ(23)の買い取りに動いているが、この交渉が完全に停滞している。 ▽この状況を受けて、クラブは新エースストライカー候補としてリーガエスパニョーラで実績十分のエアバトラー、ウィリアン・ジョゼの獲得に関心。2600万ポンド(約38億円)のオファーを準備しているようだ。 ▽ウルグアイ2部のデポルティボ・マルドナドからレアル・マドリーやサラゴサ、ラス・パルマスへレンタル移籍していたウィリアン・ジョゼは、189cmの本格派ストライカー。2016年に完全移籍で加入したソシエダでは2シーズンに渡ってセンターフォワードのレギュラーとして活躍し、昨季はリーグ戦34試合に出場し15ゴールを記録していた。 ▽また、今年3月には出場機会はなかったもののブラジル代表に初選出されていた。 2018.07.24 15:12 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のフルアムがベシクタシュからスペイン人GKファブリシオ獲得

▽ベシクタシュは23日、スペイン人GKファブリシオ・アゴスト(30)が5季ぶりにプレミアリーグへ昇格したフルアムに移籍したことを発表した。 ▽デポルティボの下部組織出身のGKファブリシオは、2007年にトップチームに昇格。その後、バジャドリーやベティスでのプレーを経て、2013年にデポルティボへ復帰。復帰後は在籍3シーズンで公式戦39試合に出場すると、2016年の夏にベシクタシュへ完全移籍。 ▽ベシクタシュでは、在籍2シーズンで公式戦87試合に出場し27試合のクリーンシートを達成。昨季もチームの守護神としてリーグ戦全試合を含む公式戦43試合に出場し13のクリーンシートを達成していた。 2018.07.24 01:05 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月19日は、今季からプレミア参戦! “アフリカのシャビ”のバースデー

◆ジャン・ミシェル・セリ 【Profile】 国籍:コートジボワール クラブ:フルアム 誕生日:1991年7月19日 ポジション:MF 身長:168㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月19日は、フルアムに所属するコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリだ。 ▽2012年にポルトのリザーブチームと契約を結んで母国から欧州の舞台に移ったセリは、2015年夏にニースに移籍。すると、“アフリカのシャビ”とも称される卓越したキック精度と攻撃センスを武器にしつつ、守備での貢献度でも存在感を示し、リーグ・アン屈指のMFとして活躍した。そして、2018年夏にフルアムとの4年契約が発表。プレミアリーグという過酷かつ華々しい舞台へ羽ばたいた。 ※誕生日が同じ主な著名人 木村和司(元サッカー選手) 相馬直樹(元サッカー選手) マヌエル・アカンジ(サッカー選手/ドルトムント) ネト(サッカー選手/バレンシア) 天野純(サッカー選手/横浜F・マリノス) 安藤瑞季(サッカー選手/セレッソ大阪) 中田秀夫(映画監督) 宮藤官九郎(脚本家) 藤井聡太(将棋棋士) ブライアン・メイ(ギタリスト/クイーン) 菅原卓郎(ギタリスト/9mm Parabellum Bullet) 近藤真彦(歌手) 杉本彩(タレント) 藤木直人(俳優) 2018.07.19 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ブライトンが昇格フルアムからGKバットンを完全移籍で獲得

▽ブライトンは16日、フルアムのイングランド人GKデイビッド・バットン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となっている。 ▽トッテナムの下部組織出身のGKであるバットンは、2016年夏にブレントフォードからフルアムへ移籍。フルアムでは公式戦61試合に出場。2017-18シーズンはチャンピオンシップで20試合に出場し、プレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽バットンの獲得についてブライトンを率いるクリス・ヒュートン監督は次のように語っている。 「彼はこれまでのキャリアで公式戦300試合以上に出場している。マシュー・ライアン、ジェド・スティールと共に良いレギュラー争いをしてくれると思う」 2018.07.17 05:09 Tue
twitterfacebook
thumb

フルアムがニースからMFセリに続く補強!DFマキシム・ル・マルシャン獲得「親友と一緒でとても嬉しい」

▽フルアムは12日、ニースのフランス人DFマキシム・ル・マルシャン(28)を獲得したことを発表した。契約期間は明らかにされていない。 ▽ル・マルシャンはレンヌの下部組織出身のDFだ。2009-10シーズンにレンタル加入したル・アーブルでプロデビューを果たし、、2015年にニースに移籍した。本職はセンターバックでありながら左サイドバックやボランチもこなし、2017-18シーズンはリーグ戦29試合に出場し3アシストを記録していた。 ▽ル・マルシャンはフルアムの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「フルアムとサインすることが出来てとても幸せだ。このクラブはビッグクラブでとても人気のあるチームだ」 「親友のジャン・ミシェル・セリと一緒に加入できたことも嬉しいよ。一生懸命練習してこのチームにベストを尽くせるよう頑張りたい」 ▽フルアムは同日にニースからコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の獲得も発表しており、イギリス『スカイ・スポーツ』は、2人合わせて3000万ポンド(44億円6000万円)程の移籍金になると見込んでいる。 2018.07.12 19:57 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏注目株の一人、MFジャン・ミシェル・セリのフルアム移籍が決定!

▽フルアムは12日、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)をニースから獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日までの4年契約となる。 ▽今夏の移籍市場の注目株の1人であったセリ。先日、ニースのプレシーズンキャンプを離れて移籍交渉のためにロンドンに滞在していると報道され、チェルシーやアーセナル行きが濃厚と見られていたが、一転してフルアム移籍が決定。セリはクラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「昨日は長い1日だったから、最終的にこのような決断を下せて素晴らしい気持ちだ」 「今、僕はすでにスタートの用意はできているし、チームとみんなと会えることを楽しみにしているよ」 「ここに来られて本当に嬉しい。これは新たな冒険だ。良いものになることを願っているよ」 ▽2015年からニースでプレーするセリは、卓越したキック精度と攻撃センスに加えて守備でも貢献できる万能型のセントラルMF。近年、リーグ・アン屈指のMFと評される同選手は昨季の公式戦43試合に出場し2ゴール10アシストの数字を残していた。 ▽移籍金は明らかにされていないが、イタリア『gianlucadimarzio.com』によると2000万ユーロ(約26億円)程度になるとのことだ。 2018.07.12 18:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ニースMFセリの新天地は急転フルアムに! 数日以内に公式発表へ

▽今夏の移籍市場の注目株の1人であるニースのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(26)の新天地はフルアムになるようだ。イタリアの著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が自身の運営する『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽先日、ニースのプレシーズンキャンプを離れて移籍交渉のためにロンドンに滞在していると報道されたセリに関しては、本命のチェルシーやアーセナル行きが濃厚と見られていた。 ▽しかし、ディ・マルツィオ氏はニースとフルアムが2000万ユーロ(約26億円)の条件ですでにクラブ間合意に至ったと主張。さらに、ロンドン滞在中のセリはイギリスでのビザの発給が認められ次第、同クラブでメディカルチェックを受診し、正式契約にサインする見込みだ。 ▽2015年からニースでプレーするセリは、卓越したキック精度と攻撃センスに加えて守備でも貢献できる万能型のセントラルMF。近年、リーグ・アン屈指のMFと評される同選手は昨季の公式戦43試合に出場し2ゴール10アシストの数字を残していた。 ▽今夏の移籍市場ではバルセロナやナポリ、ローマといったスペイン、イタリアの強豪チームに加え、チェルシーやアーセナル、ウェストハムといったイングランドのロンドン勢が強い関心を示してきた。 2018.07.11 15:17 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州5大リーグの来季昇格チームが決定! 4部降格のパルマが奇跡の3連続昇格! スペインではウエスカが初昇格

▽16日にヨーロッパ主要リーグ2部の全日程が終了し、来シーズンにトップディビジョンに昇格する全チームが決定した。 ▽イングランドのチャンピオンシップではウォルバーハンプトンとカーディフ・シティが共に自動昇格で久々のプレミアリーグ復帰を決定。また、熾烈なプレーオフを制したフルアムが5シーズンぶりに復帰を果たす。 ▽スペインのリーガエスパニョーラ・セグンダAでは優勝したラージョが3年ぶりの復帰。来季のプリメーラはレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強に加え、ヘタフェ、レガネス、ラージョと首都マドリードに本拠地を置く5クラブが鎬を削ることになる。また、2位で自動昇格のウエスカはクラブ創設58年目で初の昇格となった。さらに、16日に行われたヌマンシアとの昇格プレーオフ決勝を制したバジャドリーも5年ぶりの復帰だ。 ▽イタリアのセリエBでは後半戦に入って圧巻の戦いぶりを見せたエンポリが優勝と共に1年でのセリエA復帰を決めた。また、2015年のクラブ破産で4部に強制降格となったパルマは3シーズン連続昇格という奇跡の快進撃をみせ、最短でのセリエA復帰を果たした。さらに16日に行われた昇格プレーオフ決勝でパレルモ相手にホームで鮮やかな逆転昇格を決めたフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA復帰となる。 ▽ドイツのブンデスリーガ2部では最終節で優勝決定戦を戦ったデュッセルドルフとニュルンベルクが共に自動昇格を決めた。なお、今季デュッセルドルフの逆転優勝に貢献した日本代表MF原口元気と同FW宇佐美貴史は、原口がハノーファーへの移籍が決定し、アウグスブルクからレンタル中の宇佐美に関しても去就は不透明だ。なお、3位で昇格・降格プレーオフに進出したホルシュタイン・キールはブンデスリーガ16位のヴォルフスブルクに敗れ、昇格はならなかった。 ▽フランスのリーグ・ドゥでは古豪スタッド・ランスが3シーズンぶり、ニームが25年ぶりのリーグ・アン昇格を決めた。その一方で、昇格プレーオフを制してリーグ・アン18位のトゥールーズとの昇格・降格プレーオフに臨んだACアジャクシオはトゥールーズの牙城を破れず、昇格はならなかった。 ◆プレミアリーグ(イングランド) 1.ウォルバーハンプトン 2.カーディフ・シティ 昇格PO.フルアム ◆リーガエスパニョーラ(スペイン) 1.ラージョ 2.ウエスカ 昇格PO.バジャドリー ◆セリエA(イタリア) 1.エンポリ 2.パルマ 昇格PO.フロジノーネ ◆ブンデスリーガ(ドイツ) 1.デュッセルドルフ 2.ニュルンベルク ◆リーグ・アン(フランス) 1.スタッド・ランス 2.ニーム 2018.06.17 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが昇格フルアムから右SBのフレデリックスを獲得

▽ウェストハムは5日、フルアムのイングランド人DFライアン・フレデリックス(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間。フルアムとは今季で契約が切れるため、移籍金は発生しない。 ▽トッテナムの下部組織出身である右サイドバックを主戦場とするフレデリックスは、2015年夏にブリストル・シティからフルアムに加入。フルアムでは公式戦114試合に出場して16アシストを記録。2017-18シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で44試合に出場して9アシストを記録し、クラブの5季ぶりのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽そのフレデリックスはマヌエル・ペジェグリーニ監督が就任したウェストハムへの移籍について次のように語っている。 「ウェストハムの歴史が移籍を決断した大きな要因だ。それにペジェグリーニ監督を迎え、ウェストハムにとってエキサイティングな時期を迎えていることも移籍を後押ししたね。誰もが監督の作ってきたチームを知っているし、イングランド以外でも成功している監督だ」 ▽フレデリックスはペジェグリーニ体制となったウェストハムにとって最初の補強選手となっている。 2018.06.06 03:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目の18歳セセニョンはフラム残留へ…クラブオーナーが売却を否定

フラムのライアン・セセニョンは、新シーズンも同クラブでプレーを続けることになりそうだ。今シーズン、セセニョンはチャンピオンシップ(英2部)で46試合に出場して15ゴールをマークし、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。この活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムなどの国内ビッグクラブから熱視線を送られている。しかし、フラムのオーナー、シャヒド・カーン氏は「我々はセセニョンが出ていくことを望んでいない。彼も出ていくつもりはないと思う。来たるシーズンも彼はフラムに残る」と退団を否定した。「正直言うと、我々が昇格できなかった場合、選手たちへの責任を果たさなくてはならなかった」とプレミアリーグに復帰できなければ、選手を売却する可能性があったと明かした同氏は「彼は8歳の頃からここにいて、フラムで育った。そして、次のシーズンもここでプレーするはずだ」と強調した。今シーズン、素晴らしい活躍を残した先日18歳になったばかりのセセニョンは、23歳以下の選手に贈られるPFA若手最優秀選手賞にノミネートされるなど、その将来に大きな期待が寄せられている。クラブオーナーのカーン氏が強調したように同選手は新シーズンもフラムでプレーするのだろうか。提供:goal.com 2018.05.30 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがアストン・ビラを退けて5シーズンぶりにプレミア昇格《チャンピオンシップ》

▽プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝、アストン・ビラvsフルアムが26日にウェンブリーで行われ、0-1でフルアムが勝利した。 ▽チャンピオンシップ(イングランド2部)で3位となったフルアムはプレーオフ準決勝でダービーを2戦合計スコア2-1と逆転で制し、決勝に進出した。そのフルアムはミトロビッチやセセニョンらがスタメンとなった。 ▽一方、4位でプレーオフに進出したアストン・ビラは準決勝でミドルズブラに1-0で勝利し、決勝に進出。そのアストン・ビラはテリーやスノッドグラス、ジェディナクらをスタメンで起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持したのはフルアム。そして23分、そのフルアムが先制点を奪う。セセニョンのスルーパスに抜け出したボックス右のケアニーが確実にシュートを流し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけてもフルアムがボールを保持して試合をコントロールした中、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半はアストン・ビラが一転して前がかり、フルアムを押し込む展開で推移。しかし、フルアムの集中した守備を崩しきることができない。70分にはオドイに2枚目のイエローカードが提示され10人となったフルアムを、アストン・ビラが終盤にかけて攻勢を仕掛ける展開となったが、ゴールをこじ開けるには至らず。 ▽逃げ切ったフルアムが5シーズンぶりにプレミアリーグ昇格を果たした。 2018.05.27 02:58 Sun
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表監督、W杯同組のフランスは「FIFAランクほど強くない」

デンマーク代表のオーゲ・ハレイデ監督はロシア・ワールドカップで対戦するフランス代表を特別なチームではないと『ユランズ・ポステン』に語った。フランス、オーストラリア、ペルーと同じグループCに入ったデンマークは、来月16日にサランスクでペルーとの初戦を迎える。現在FIFAランキング7位で、今大会の優勝候補にも挙げられているフランス代表と同組になったデンマークだが、指揮官はランキングほどフランスは強くはないと主張。さらにフランスの主力選手であるマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの髪型を批判した。「彼はマンチェスター・シティ戦では髪を青と白に染めていた。恐らく我々と試合するときは赤と白に染めているだろう。彼は髪型のことしか考えていないのか?」「世界ランキングで上位のチームは世界最高のチームであることが多いが、フランスはそうではない。ストックホルムで行われたスウェーデンとの試合を見たが、彼らは特別なチームではなかった」提供:goal.com 2018.05.26 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズがイングランドの大器ライアン・セセニョン獲得でクラブ間、個人間で合意!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(17)の獲得ですでにクラブ間、個人間での合意を取り付けているようだ。 ▽サンダーランドやWBAでプレーしたベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの後継者と目されており、ポジションを1つ上げた今季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合15ゴール6アシストと圧巻のパフォーマンスを披露している。 ▽マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢に加え、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に参戦していると伝えられる中、PSGの内部情報に精通したフランス『Paris United』は、PSGがすでにトッテナムとの合意が決定しているセセニョンの獲得レースから撤退したと報じている。 ▽『Paris United』の伝えるところによれば、PSGはセセニョンサイドと幾度か交渉を行っていたものの、ロンドン残留を希望する選手側から移籍を固辞されたという。さらに、以前から新天地候補の筆頭に挙げられていたトッテナムがクラブ間、個人間での合意を取り付けていると主張している。 ▽なお、トッテナムとフルアムの間で問題となっているのは、セセニョンの加入時期だという。今季のチャンピオンシップを3位で終えたフルアムは、ダービー(6位)、ミドルズブラ(5位)、アストン・ビラ(4位)の4チームが参戦する昇格プレーオフに挑む。そして、フルアムが昇格プレーオフを制してプレミア昇格を果たした場合、1年間のレンタルという形で同選手をフルアムに残留させるという。逆に、フルアムがプレミアに昇格できなかった場合、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は来季から自身の手元で同選手を育てる意向のようだ。 2018.05.07 20:03 Mon
twitterfacebook
thumb

フルアムの17歳セセニョン、今夏のビッグクラブ行きが濃厚か…指揮官も「注目は当然」

イングランド2部のフルアムはチャンピオンシップ2位に付けており、1部昇格が間近となっている。その原動力となったのが、現在17歳のライアン・セセニョンだ。2000年生まれの同選手は、ここまでリーグ戦44試合に出場し、15ゴール6アシストを記録。その躍進ぶりに今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどが獲得に動くと見られている。サンダーランド戦の前日会見で、フルアムのスラヴィシャ・ヨカノヴィッチ監督はセセニョンについて次のように言及している。『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。「来シーズンもライアンにはここにいてほしいが、現時点でそれは確実とは言えないかもね。私が言えることは、1部に上がっても上がれなくても、このメンバーで引き続き戦いたいということだ」指揮官はセセニョンについて「実際に何が起こるかは分からないものだが、ライアンは本当に素晴らしい水準のプレーを見せている。だから、イングランドのトップクラブだけではなく、ヨーロッパのビッグクラブも彼に注目しているのは当然のことだと思う」と述べている。5月に18歳となるセセニョンは“新ワンダーボーイ”としてロシア・ワールドカップでのイングランド代表入りも期待されている。フルアムが1部昇格できるかに関わらず、同選手が今夏ビッグクラブに引き抜かれる可能性は十分にありそうだ。提供:goal.com 2018.04.28 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

2部フルアムがプレミア昇格に近づく…17歳セセニョンは今季15ゴールでW杯行きを推す声も

イングランド2部、チャンピオンシップの第44節が行われ、フルアムがミルウォールを下し、プレミアリーグ自動昇格圏である2位に浮上した。この試合では46分にU-21イングランド代表ライアン・セセニョンがゴール前でルーズボールに詰め、先制ゴールを奪う。56分、89分に追加点を奪ったフルアムは3-0で勝利し、勝ち点を85に伸ばして、リーグ2位に順位を上げた。イングランド2部はすでにウォルヴァーハンプトンが1部昇格を決めており、フルアムは早ければ次節にも自動昇格の2位以上が確定する。また、この試合で先制ゴールを決めたセセニョンは、これで今シーズンのゴール数が15に到達。左サイドバック、左サイドMFを本職とする同選手は2000年5月18日生まれの17歳ながら、今シーズンはここまで44試合15ゴール6アシストという成績を残している。この活躍を受けて、地元イングランドではファンの間で「セセニョンは新ワンダーボーイ!」「この若者をイングランド代表に選ぶべき」「ロシア行きの飛行機に乗せよう」といった声が挙がっている。1998年はマイケル・オーウェン、2006年はセオ・ウォルコットと、これまでイングランドは10代の新鋭をワールドカップメンバーに選出した経緯がある。2018年のロシアW杯では、18歳になったセセニョンがW杯メンバーに大抜擢される可能性も十分にありそうだ。提供:goal.com 2018.04.21 10:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp