超ワールドサッカー

ニュース

thumb

ポルトやスポルティングを退けベンフィカがリーグ4連覇達成!《プリメイラ・リーガ》

▽プリメイラ・リーガ第33節のベンフィカvsヴィトーリア・ギマランエスが13日に行われ、5-0で快勝したベンフィカが4年連続36度目の優勝を果たした。 ▽残り2節で2位ポルト(勝ち点73)と5ポイント差の首位に立っていたベンフィカ(勝ち点78)は、4位ギマランエス(勝ち点62)との上位対決に臨んだ。 ▽ホームの大歓声を後押しに序盤から攻勢に出たベンフィカは、開始11分にDFセルビのゴールで先制に成功すると、その後FWラウール・ヒメンス、MFピッツィ、FWジョナスが立て続けにゴールをこじ開け、前半を4-0で終えた。後半に入っても主導権を譲らないホームチームは、67分にジョナスのPKでとどめを刺し、5-0の大勝で4連覇を決めた。 ▽なお、リーグ4連覇で今季最初のタイトルを獲得したベンフィカは、28日に行われるギマランエスとのタッサ・デ・ポルトガル決勝でシーズン2冠を目指す。 2017.05.14 05:22 Sun
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のザルツブルクがリーグ4連覇達成! 4年連続のダブルタイトルへ王手《オーストリアリーグ》

▽ザルツブルクは13日、オーストリアリーグ第32節でラピッド・ウィーンと対戦し、1-0で勝利。この結果、4年連続11度目のリーグ優勝が決定した。 ▽前節のマッテルスブルク戦で公式戦19試合ぶりに黒星を喫したザルツブルクは、その試合から4人変更。日本代表FW南野拓実は、3試合ぶりのベンチスタートとなった。 ▽試合はゴールレスで迎えた後半も、前半から主導権を握るザルツブルクがゲームをコントロールする。すると73分、ショートコーナーをボックス左付近で受けたサマッセコウのクロスがファーサイドに流れると、これを拾ったラザロがゴール左へシュートを突き刺した。 ▽待望のゴールが生まれたザルツブルクは、83分に南野を投入。その後も終始優勢に試合を進めたザルツブルクが、危なげなく試合をクローズ。ラザロ弾で逃げ切ったザルツブルクが、3節を残して4年連続11度目のリーグ優勝のリーグ優勝を果たした。 ▽なお、リーグ4連覇を達成したザルツブルクは、4年連続のダブルタイトルを懸けて6月1日にオーストリアカップ決勝でラピッド・ウィーンと対戦する。 2017.05.14 02:48 Sun
twitterfacebook
thumb

チャーター機墜落事故に揺れた2チームの戦い…アトレティコ・ナシオナルがシャペコエンセを下しレコパ・スダメリカーナ初優勝!《レコパ・スダメリカーナ》

▽11日にレコパ・スダメリカーナの2ndレグが行われ、アトレティコ・ナシオナル(コロンビア)がシャペコエンセ(ブラジル)に4-1で勝利。2戦合計5-3でアトレティコ・ナシオナルが制し、初優勝を成し遂げた。 ▽コパ・スダメリカーナ王者とコパ・リベルタドーレス王者が対戦するレコパ・スダメリカーナ。昨年11月に起こったチャーター機墜落事故により、アトレティコ・ナシオナルからタイトルを譲り受けたシャペコエンセと、コパ・リベルタドーレスを制していたアトレティコ・ナシオナルの対戦。1stレグはシャペコエンセがホームで2-1と勝利し、2ndレグに臨んだ。 ▽試合は2分、スルーパスを受けたモレーノがボックス内右からシュート。これがGKの手を弾きながら決まり、アトレティコ・ナシオナルが先制する。更に31分、ボックス中央でパスを受けたイバルグエンが反転シュート。これが決まり、アトレティコ・ナシオナルが2戦合計で3-2と逆転に成功する。 ▽リードを許したシャペコエンセは、後半に入り猛攻。しかし、フィニッシュの精度を欠き、ゴールを奪えない。すると67分、モレーノがA・ロドリゲスのクロスを豪快にヘディングで叩き込み追加点。80分にはイバルグエンがボックス中央で滑りながらもシュート。これがDFに当ってディフレクトし浮き球となると、GKの頭上を超えて決まる。 ▽シャペコエンセは83分にトゥーリオ・デ・メロが1点を返すも、そのまま試合終了。4-1でアトレティコ・ナシオナルが2ndレグを制し、2戦合計5-3でレコパ・スダメリカーナのタイトルを獲得した。 2017.05.11 20:11 Thu
twitterfacebook
thumb

シュバイニーがMLSのレベルの低さに苛立ち「ボールを失うことが多すぎる」

シカゴ・ファイアーでプレーする元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のレベルに苛立ちを覚えているようだ。『南ドイツ新聞』が報じた。シュバインシュタイガーは3月、マンチェスター・ユナイテッドから加入。すでにリーグ戦6試合に出場し、2ゴールをマークする同選手だが、リーグのクオリティーには満足していないようだ。「シカゴ・ファイアーは2シーズン、最下位で終わっているし、すべての試合に勝つことや大差でトップに立つことなんて期待していなかった。フットボールは他のスポーツと比べて、一人の選手が与える影響というのはそれほど大きくないしね」「僕らは今までそれほど悪いプレーはしていない。敗れたトロント戦やニューヨーク・レッドブルズ戦でも相手と同レベルだったと思う。でも僕らはまだまだ改善しなければならない。プレミアリーグやブンデスリーガのようなものではないことは、もちろんわかっていた。でも時々、ミーティングで話し合われたことがピッチ上で実行できていなかったり、誰かがボールを失ったり、チームメイトと目を合わせなかったりするのを見ると、イライラするね」一方で、シュバインシュタイガーは「誰かを批判するつもりはない。僕の問題なんだ。リーグに適応しなければならないし、状況に上手く対処しないとね」とも語った。欧州とは全く異なるリーグだとして戸惑いを認めたシュバインシュタイガー。あまりに簡単にボールを失うことにショックを受けるとも話したが、MLSに適応することはできるのだろうか。提供:goal.com 2017.05.10 13:04 Wed
twitterfacebook
thumb

スパルタク・モスクワが16年ぶり10度目の優勝!《ロシア・プレミアリーグ》

▽先週末にロシア・プレミアリーグ第27節が行われた。この結果、トミ・トムスクとのホームゲームを1-0で勝利したスパルタク・モスクワが3節を残して、16年ぶり10度目のリーグ優勝を果たした。 ▽今シーズン、開幕戦直後にヨーロッパリーグ予選敗退を受けて、ドミトリ・アレニチェフ前監督を解任したスパルタク・モスクワは、かつてユベントスでアントニオ・コンテ監督(現チェルシー)の副官として優れた手腕を発揮していたマッシモ・カッレーラ監督を後任として招へい。 ▽同監督の下、MFクインシー・プロメスやDFゼルダル・タスキ、MFデニス・グルシャコフら主力が安定したパフォーマンスを発揮したチームは、カッレーラ監督就任直後に4連勝、昨年10月から12月初めまでに破竹の6連勝を飾るなど、優勝争いをリード。その後、冬の移籍市場でFWアレクサンドル・サメドフ、FWルイス・アドリアーノら実力者を迎え入れたチームは、3節を残して2位CSKAモスクワとの勝ち点差10をキープして2001年以来となる通算10度目の優勝を果たした。 2017.05.08 23:08 Mon
twitterfacebook
thumb

マラドーナが監督復帰…新たなチャレンジの場は中東2部クラブ

アラブ首長国連邦(UAE)2部リーグに所属するアル・フジャイラは7日、元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナの監督就任を発表した。マラドーナはソーシャルメディアを通じて「私がUAE2部リーグのアル・フジャイラの新しい監督に就任したことをお知らせしたい。これが私の新しいカラーだ」というコメントと共に、10番のユニフォームを披露した。マラドーナはこれまで、アルゼンチン代表やアルゼンチンのラシンなどでも監督経験があり、UAEでは、2011年5月から14カ月間、アル・ワスルの監督を務めた。 提供:goal.com 2017.05.08 15:31 Mon
twitterfacebook
thumb

久保裕也、移籍後9点目も実らず…優勝・CL遠のく敗戦に「気分が悪い」

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が敗戦を悔やんだ。ベルギー紙『voetbalkrant』が報じている。ヘントは7日、ベルギーリーグの優勝プレーオフ第7節でオーステンデと対戦し、3-4で敗れた。フル出場を果たした久保は81分、移籍後9点目となる美しいゴールを決めた。試合後、以下のようなコメントを残している。「得点は良かったですが、勝てなかった。だから気分は悪いです。全員が十分では無かったと思いますね。僕自身も守備面で足りなかったです」敗戦によって、3位ヘントの勝ち点は37のまま。2位クラブ・ブルージュとの勝ち点差が4に広がり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて、厳しい状態となっている。提供:goal.com 2017.05.08 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

久保の今季リーグ戦9ゴール目も実らず、4失点のヘントが敗戦《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ヘントは7日、ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第7節で、オースデンテと戦い、3-4で敗れた。先発出場した日本代表FW久保裕也は、80分に得点を記録している。 ▽勝ち点37で3位につけるヘントは、3ポイント差で迫る4位のオースデンテと対戦。前節無得点に終わった久保は、この日も先発に起用された。 ▽試合はアウェイのヘントが13分に先制する。ケネス・サイエフがボックス左からクロスを上げると、ボールはそのままGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。しかし、24分にオースデンテに同点に追いつかれると、56分に再びリードするものの、65分から立て続けに3失点。2-4とされてしまった。 ▽それでも諦めないヘントは80分、久保が左サイドのサイエフにパスを送ると、サイエフの折り返しを久保が左足で決めて、今季リーグ戦9得点目をマークした。 ▽しかし、久保のゴールで1点差に詰め寄ったものの、ヘントの反撃はここまで。勝ち点を伸ばすことができず、残り3試合となったプレーオフで、チャンピオンズリーグ出場権獲得となる2位クラブ・ブルージュとは4ポイント差となり、苦しい状況に立たされた。 2017.05.08 05:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ギリシャカップ決勝前に両クラブファンと警察が衝突…数十名の負傷者&開始が1時間遅延

▽6日に行われたギリシャカップの決勝PAOKテッサロニキvsAEKアテネの試合前に騒動が起き、多くのファンが負傷したようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽事件が起きたのはギリシャカップ決勝戦の前。両クラブのファンと警察が衝突。これにより、キックオフが1時間遅れることとなった。 ▽地元の救急サービスによると、現場では石やガラス片、ボトル瓶などにより、数十名の負傷者が刺されているとのことだ。死者は今のところ出ていないようだ。 ▽なお、1時間遅れでスタートした試合はPAOKがペドロ・エンリケのゴールで2-1と勝利している。2002-03シーズン以来5度目のカップ戦制覇となった。 2017.05.07 15:28 Sun
twitterfacebook
thumb

リーグ4連覇に王手のザルツブルク、公式戦19試合ぶりの黒星…《オーストリアリーグ》

▽ザルツブルクは6日、オーストリアリーグ第32節でマッテルスブルクと対戦し、1-2で敗戦した。ザルツブルクのFW南野拓実は63分までプレーした。 ▽この試合に勝利すればリーグ4連覇の決まるザルツブルクは、直近のSVリート戦からスタメンを2選手変更。ファン・ヒチャンとウルマーに代えてヴァンデルソンとライナーを起用。南野は3試合連続でスタメンに名を連ねた。 ▽試合は立ち上がりからボールを支配するザルツブルクが先手を取る。10分、ヴァンデルソンのパスをゴール右から走り込んだ南野がシュート。これはGKクスターに弾かれるもこぼれ球をヴァンデルソンがゴールに流し込んだ。 ▽幸先良く先制したザルツブルクだったが、25分にセットプレーから失点を許す。アタンガの右CKをファーサイドのマイヤーホーファーに頭で叩き込まれ、試合は振り出しに戻る。 ▽ハーフタイムにかけても押し込んだザルツブルクだったが、チャンスを生み出せずに前半を 1-1で終える。すると、後半立ち上がりに一瞬の隙から逆転ゴールを許す。48分、ロングスローをボックス内で競り合うと、セカンドボールに反応したアタンガがダイレクトシュート。これがゴール右隅に決まった。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、ザルツブルクが公式戦19試合ぶりの黒星を喫し、4連覇はお預けとなった。 2017.05.07 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューヨーク・シティFC 、MLS年間MVPのFWビジャと1年間の契約延長を発表!

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティFCは3日、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(35)と2018年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から1年更新した格好だ。 ▽2014年にアトレティコ・マドリーからMLS新規参入クラブのニューヨーク・シティに加入したビジャは、シーズン開始までのメルボルン・シティへのレンタル移籍を経て、2015シーズンからMLSでプレー。2年目となった今シーズンは、リーグ戦35試合(プレーオフを含む)に出場し、23ゴール4アシストを記録し、同リーグの年間MVPに選出された。 ▽ニューヨーク・シティとの契約延長を果たしたビジャはクラブを通じて以下のコメントを残している。 「3年前にニューヨーク・シティFCという素晴らしいクラブがMLS新規参入し、非常に良いプロジェクトが始まった。クラブは僕を最初のキャプテンとして任命してくれた。そのことは今でも僕の誇りなんだ」 「僕はこの街が好きだし、ニューヨーク・シティでプレーできることが幸せだ。だから契約延長の結論を出すのは簡単だったよ。僕はまだピッチの上でプレーすることができるし、引退とかも考えられなかったね」 2017.05.04 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカでの充実した生活を楽しむシュバイニーがカブス戦で初の始球式…ノーバン投球を披露

▽シカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、上原浩治が所属するシカゴ・カブスの試合で始球式を務めた。 ▽シュバインシュタイガーは、2日にカブスの本拠地リグレー・フィールドで行われたシカゴ・カブスvsフィラデルフィア・フィリーズの試合で、自身初となる始球式を務めた。 ▽アメリカではMLS(メジャーリーグ・サッカー)の選手が始球式を行うことはよくあり、先日はシアトル・レインに所属する元なでしこジャパンFW川澄奈穂美がシアトル・マリナーズvsマイアミ・マーリンズの試合で始球式を務め、マリナーズの岩隈久志をキャッチャーに置きノーバン投球を見せていた。 ▽サッカーでは2014年のブラジル・ワールドカップを制するなど、名声を残したシュバインシュタイガー。ピッチングはというと、ストライクはとれなかったものの、ノーバン投球を披露していた。なお、試合は8-3でカブスが勝利していた。 ▽先日はNHLの試合を観戦するなど、妻で元プロテニスプレーヤーのアナ・イバノビッチさんと充実したアメリカ生活を送っているシュバインシュタイガー。本業でもMLSで5試合に出場し2得点を記録しており、ここまでは移籍の選択は間違っていなかったようだ。 ◆シュバイニーの投球が気になる方は… https://twitter.com/MLS/status/859570503241084928 2017.05.03 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、移籍後大活躍の裏には食事の影響が?…ベルギー紙のインタビューで言及

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也に、ベルギー紙『voetbalkrant』がインタビューを行った。久保裕也は冬の移籍市場でスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントに加入。以降、13試合で8得点の活躍を見せている。移籍直後からチームの勝利に大きく貢献している久保を『VOETBALKRANT』が紹介した。久保は日本と欧州の文化の違いについて「(挨拶として)ここでは皆が握手をします。そして、親しい人同士だとキスをすることさえありますね。日本ではないことです。大きな違いですよ。どうやって振る舞ったら良いか知りませんでしたから」と、日常での立ち居振る舞いの違いに、最初は戸惑いがあったことを明かしている。普段の生活に関しては「友達と会ったり、日本のテレビを見たりします。サッカーを見ることはそんなに多くないです。クラシコみたいなビッグマッチと自分たちの試合のハイライトくらいです。趣味は本当に無いんですよ。何か見つけないといけないですね」と語った。そして、ヘントについても言及し「街中にはよく行きますよ。お気に入りのステーキハウスもあります」と、町にも慣れていることをうかがわせ、スイスとベルギーとの違いでは「食べ物がずっと美味しい」と、体が資本のサッカー選手として活躍する上で、見逃せない点についてもコメントを残した。提供:goal.com 2017.05.03 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

元伊代表ピルロ、監督への転身を示唆「イタリアへ戻ったら指導者の勉強をしたい」

ニューヨーク・シティに所属する元イタリア代表のMFアンドレア・ピルロは1日、イタリアメディア『スポルティタリア』の番組に出演し、将来の監督への転身を示唆した。ピルロは2011年に10年間在籍したミランを退団し、ユベントスに加入した。現チェルシーの指揮官アントニオ・コンテの下では3年連続リーグ優勝、マッシミリアーノ・アッレグリの下ではチャンピオンズリーグ準優勝に貢献。2015年からはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティへ活躍の場を移していた。「自分にもいつか引退を考える時がやって来る。永遠にプレーを続けることはできない。トップレベルでプレーできなくなったら他のことをすることを考えるべきだ。とりあえず引退までしっかりやって、イタリアに戻るチャンスがあれば監督としての勉強をしたい。何が起きるか分からないからね」所属するニューヨーク・シティとの契約は12月末まで残っており、現在はプレーに集中しているものの、将来的に監督への転身を考えていることを明らかにした。またイタリア代表で後輩だった33歳のMFダニエレ・デ・ロッシについては「そろそろ環境を変えるべきだ。ダニエレは若いし、まだヨーロッパのリーグでやれる。アメリカに来るにはまだ早い」と話し、ヨーロッパのクラブへの移籍を勧めている。提供:goal.com 2017.05.02 18:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、4試合ぶり空砲…チームは首位アンデルレヒトと0-0《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第6節が4月30日に行われ、ヘントはアンデルレヒトをホームに迎え、0-0で引き分けた。日本代表FW久保裕也はフル出場。4試合ぶりの不発に終わっている。 ▽プレーオフ1は、レギュラーシーズンの上位6チームによるホーム&アウェイの総当り方式で開催。プレーオフ1開幕から3勝3分けの2位につけるヘントは、首位のアンデルレヒトをホームで迎え撃った。 ▽勝ち点5差でアンデルレヒトを追いかけるヘントとしては、この直接対決をモノにしておきたいところだった。しかし、頼みの綱の久保が空砲。最後までゴールが遠く、首位相手に痛み分けという結果に終わった。 ▽残り4試合でアンデルレヒトと5ポイント差のヘントは、7日に行われる次節、オーステンデのホームに乗り込む。 2017.05.01 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

チャビがカタール移籍後の初タイトルを獲得…アル・サッドがカタールカップ制覇

かつてバルセロナで長らくプレーし、現在はカタールのアル・サッドに在籍している元スペイン代表MFチャビが、カタールで初タイトルを獲得した。アル・サッドは土曜に行われたカタールカップの決勝で、アル・ジャイシュを2-1で下している。チャビは試合後、「アル・サッドのチームにとって狙い通りの試合運びになった。僕がカタールで獲得した最初のタイトルになった。チームをサポートしてくれたアル・サッドのサポーターに感謝したい。カップを掲げることができたのは彼らのおかげだからね」と述べ、優勝の喜びを明かしている。チャビは2000-01シーズンにバルセロナでトップデビューを果たし、2014-15シーズンまでプレー。その後、カタールのアル・サッドに新天地を求め、今シーズンのカタールカップ優勝でカタール移籍後に獲得した初タイトルとなった。提供:goal.com 2017.04.30 19:43 Sun
twitterfacebook
thumb

12戦8発のヘントFW久保裕也、成功の秘訣は「プレースタイルの一致」

▽今冬にヤング・ボーイズからヘントへと移籍した日本代表FW久保裕也が、自身の成功の秘訣を語った。ベルギー『VOETBALKARANT』が報じた。 ▽久保は、ヘント加入後、公式戦12試合に出場し8得点とゴールを量産。ベルギー・ジュビラーリーグの優勝プレーオフに臨むチームにおいても重要なゴールを重ね、タイトル獲得を目指してプレーしている。 ▽移籍加入後すぐさまチームの中心となっている久保だが、ここまでの成功は経験したことがないとのこと。プレースタイルの一致が秘訣だと語った。 「僕が最初からこのように大きな影響を与えることは初めてです。チームのプレースタイルが本当に僕のプレースタイルにあったからです。それが主な理由だと思います」 ▽また、ヘントへの移籍決断については「監督が僕の使い方について明確な考えを持っていたので、移籍を決断しました」とコメント。移籍後の活躍については「僕はこれまでのキャリアの中で、最高の時期を過ごしています。でも、改善の余地はあります」と語り、ゴールを量産しながらもさらなる成長を誓った。 ▽ヘント移籍後、デビュー戦となったクラブ・ブルージュ戦でデビューゴールを記録。久保はこのゴールが重要であったとも語っている。 「おそらく、僕のこれまでのキャリアで最も重要なゴールでした。僕にとっての最初の試合だったので、僕はチームメイトからの信頼を獲得できました」 ▽優勝プレーオフを戦うヘントは、首位のアンデルレヒトと勝ち点差5の2位に位置。30日には、そのアンデルレヒトと直接対決を迎え、逆転優勝に向けて久保のゴールで勝利ができるのか、注目が集まる。 2017.04.29 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

南野拓実、ザルツブルクでの2年で4冠も勝利に飽き足らず「退屈なんてことはない」

ザルツブルクに所属するFW南野拓実は、勝利への飽くなき情熱を語っている。オーストリア『ホイテ』が報じた。ザルツブルクは26日、DFBポカール準決勝でアドミラと対戦し、5-0の勝利を収めた。南野が先制点と5点目を挙げ、2ゴールで勝利に大きく貢献している。オーストリアの絶対王者として知られるザルツブルクは3年間でリーグ優勝を3回、カップ戦でも3度優勝を成し遂げている。2015年から在籍する南野は、計4冠を獲得しているが、勝利に飽きることはないと話す。「退屈なんてとんでもないです。勝つためにサッカーをやっていますし、すべての成功が素晴らしいと思えます」また今シーズン、好調をキープする南野はリーグ戦15試合で11ゴールを挙げている。先日には、68分で1ゴールというペースでネットを揺らす高い決定率にも注目が集まった。それでもオスカル・ガルシア監督は日本人アタッカーをベンチに置く決断を下すときもあるが、南野は「もっと学ばないといけないですね」と、成長への強い意欲を示す。「ここで快適ですし、幸せです」と語る南野。「オーストリアリーグは僕が点を取ったとき以外に日本で伝えられない」。そう話す南野はこれからもゴールを狙い続ける。提供:goal.com 2017.04.28 19:41 Fri
twitterfacebook
thumb

パチューカがティグレスとの決勝を制し5度目の北中米カリブ海王者に! 4度目のクラブW杯出場を決める《CCL》

▽CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)チャンピオンズリーグの決勝2ndレグが27日に行われ、パチューカ(メキシコ)vsティグレス(メキシコ)の一戦はパチューカが勝利。2戦合計2-1でパチューカが勝利し、2010年大会以来4度目のクラブ・ワールドカップ(W杯)出場を決めた。 ▽19日に行われた1stレグを1-1のドローで終えていた両チーム。パチューカのホームで行われた試合はゴールレスのまま試合終盤へ。すると83分、ロサーノがミドルシュートを放つと、GKグスマンが弾いたこぼれ球をハラが詰めてパチューカが先制。そのまま逃げ切り1-0で勝利し、CONCACAFチャンピオンズリーグで5度目の優勝を果たした。 ▽2017年のクラブW杯は12月6日からUAEで開催。パチューカは出場が決定した最初のチームとなった。日本勢はAFCチャンピオンズリーグで優勝した場合のみ出場が可能となり、浦和レッズ、鹿島アントラーズがラウンド16に進出。川崎フロンターレ、ガンバ大阪が最終節でのラウンド16進出を目指す。 2017.04.27 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

南野の2ゴールなど大量5ゴールを奪ったザルツブルクがオーストリアカップ4連覇に王手!《オーストリアカップ》

▽ザルツブルクは26日、オーストリアカップ準決勝でアドミラ・ヴァッカーと対戦し、5-0で勝利した。日本代表FW南野拓実は2ゴールを記録し、フル出場を果たした。 ▽昨季のオーストリアカップ決勝と同一カードとなった一戦は、4連覇を目指すザルツブルクが先手を取る。7分、ライマーのスルーパスで相手DFの裏に抜け出した南野がボックス右からゴール右にシュートを突き刺した。 ▽先制したザルツブルクは、29分に南野のスルーパスから加点。南野のパスをボックス右深くで受けたラザロがダイレクトで折り返すと、相手GKの弾いたボールをヴァンデルソンが押し込み、追加点を奪った。 ▽ザルツブルクの2点リードで折り返した試合は、後半開始早々の動く。48分、味方とのワンツーで左サイドを抜け出したウルマーのクロスをニアサイドのライマーが右足で合わせ、3点目。さらに60分には、中盤からのカウンターを最後はラザロがゴールに沈め、試合を決定付ける4点目を奪取した。 ▽その後も主導権を掌握するザルツブルクは87分にも、ファン・ヒチャンのラストパスから南野がこの日2点目のゴールを挙げ、アドミラ・ヴァッカーを圧倒。大量ゴールを奪い、4年連続の決勝進出を決めた。 2017.04.27 03:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘント指揮官がアウェイでの勝利に安堵…首位アンデルレヒト猛追に意気込む

25日に行われたベルギーリーグの優勝プレーオフで、ヘントはズレテ・ワレヘムとのアウェー戦で2-0の勝利を収めた。この試合で日本代表FW久保裕也は先発フル出場を果たし、24分に先制ゴールを決めて勝利に貢献している。試合後ヘントのハイン・ファンハーズブルック監督がメディアの前で勝利の喜びを語った。「我々はこれまで長い間、リーグ戦で競争力を保ってきた。ズレテ・ワレヘム戦で最初に20分はプレーオフのここまでの試合で最も良かったかもしれないね」監督は「ただし、後半にズレテ・ワレヘムが逆襲を狙って前がかりになってきた時に、リスクを冒すことができなかった。それが難しかったね」と続け、24分に決まった久保裕也の先制ゴールで先行したことで、試合を優位に進めることができたと語っている。また、「これで優勝プレーオフではアウェー戦の3試合で勝ち点7(2勝1分け)を獲得した。これは悪くない内容だと思う。ただ、次は(首位の)アンデルレヒトとの大一番がある。まだ気が抜けない戦いが続くね」と続け、ファンハーズブルック監督はアンデルレヒト戦への意気込みを示した。ヘントは5月1日に首位アンデルレヒトとの大一番がホームで控えている。アンデルレヒトは現時点で試合消化数が2位ヘントより1試合少ない状態で、勝ち点差は5離れている状態。果たして、ヘントはアンデルレヒトを下してプレーオフの逆転優勝に向けて弾みをつけることができるのか、注目が集まる。提供:goal.com 2017.04.26 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

3戦連発のヘント久保裕也に「スシボンバーの補強は大当たり」「久保はお守り」と現地報道

ベルギーリーグの優勝プレーオフで、ヘントはズルテ・ワレヘム相手に敵地で2-0の勝利を収めた。この試合では日本代表FW久保裕也が24分に右からのクロスを体で押し込み、先制ゴールを決めている。久保は先発フル出場を果たし、勝利に貢献した。久保は冬に加入してからリーグ戦、プレーオフを通して、12試合8ゴールを記録。この活躍にベルギーメディア『voetbalkrant』は、「スシボンバーがヘントをけん引…冬の補強はまれに見る“当たり”だった」、「久保はヘントのタリスマン(お守り)」の見出しで報じている。同メディアは「ヘントは久保のおかげで、まだチャンピオンズリーグの出場権を争える位置に付けている。冬に加入した久保は、加入して間もない中で、いきなりジュピラーリーグ(ベルギーリーグ)で結果を残した」と伝えた。久保が加入してから、リーグ戦でヘントは2月11日のオイペン戦で敗れたものの、それ以外に黒星はない。「久保はベルギーに上陸してから常に高い決定力を披露してきた。オイペン戦で唯一ホームで敗れたのが、スシボンバーの唯一の敗戦だ」と報じ、久保が加入してからいかにチームが負けていないかという点にスポットを当て、久保がチームにとって“お守り”ような存在であると強調している。また、報道では「久保はとても知性的なプレーをする選手で、彼の狙いは常に正確だ。彼はボールを持つたびに何か特別なことをしてくれるんじゃないかって思わせるんだ」と、ヘントの同僚イスラエル代表DFラミ・ゲルションの久保に対しての賛辞の言葉も紹介した。ヘントは5月1日に、優勝プレーオフで単独首位に立っているアンデルレヒトとホームでの大一番を迎える。果たして久保は優勝プレーオフで4戦連発を記録し、“タリスマン”としてヘントを勝利に導けるのか。真価が問われる大一番となりそうだ。提供:goal.com 2017.04.26 12:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘントFW久保裕也が3戦連発で勝利に導く!! 日本人初となる欧州1部で20ゴール達成!!《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第5節が25日に行われ、ヘントはズルテ・ワレヘムに2-0で勝利した。フル出場の日本代表FW久保裕也は24分に先制点をマーク。日本人選手初となる欧州1部リーグでの1シーズン20ゴールを達成した。 ▽プレーオフに入り2勝2分けと無敗を続けるヘントはアウェイでズルテ・ワレヘムと対戦。プレーオフで全試合に先発出場している久保はこの日もトップの位置で先発出場となった。 ▽迎えた24分、左サイドからのクロスをボックス右のフォケが折り返すと、走り込んだ久保が胸で押し込み先制点をマーク。久保はヘントに加入後12試合で8ゴールを挙げ、ヤング・ボーイズ時代の12ゴールと合わせて、日本人選手初となるシーズン20ゴールを達成した。 ▽ヘントは後半アディショナルタイムにも追加点を奪って2-0で勝利。プレーオフ5戦無敗として2位をキープしている。 2017.04.26 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナファンがリスボンで死去…“リスボン・ダービー”直前のサポーターの衝突が原因か?

▽フィオレンティーナのファンが遠く離れたポルトガルのリスボンで命を落としたようだ。サポーター同士の衝突が原因と見られている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽22日に行われる、スポルティング・リスボンvsベンフィカの“リスボン・ダービー”のため、ポルトガルを訪れていた41歳のフィオレンティーナファンが、21日の深夜に命を落としていた。警察が原因を調査している。 ▽この死を受け、スポルティング・リスボンがクラブを通じて声明を発表。ファンの死を悲しむとともに、事件にはクラブが関与していないと表明した。 「スポルティングは、昨夜の悲劇的な出来事に関し、とても残念に思うとともに、関与を否定します。」 「家族に対し、スポルティングは最も深い哀悼の意を表します」 ▽命を落としたフィオレンティーナファンは、長年スポルティングも応援しており、ダービーを観戦するためにリスボンを訪れていたとのこと。複数メディアによると、スタジアム付近でスポルティング・リスボンのファンとベンフィカのファンが衝突。そこから逃げ出す際に、車に轢かれてしまったとのことだ。 2017.04.22 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也が2戦連発! チームに勝ち点1をもたらす一発《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第4節が21日に行われ、ヘントはオーステンデをホームに迎え、1-1で引き分けた。日本代表FW久保裕也はフル出場。73分に同点弾を決め、自身2戦連続の移籍後7ゴール目を記録した。 ▽プレーオフ1は、レギュラーシーズンの上位6チームによるホーム&アウェイの総当り方式で開催。プレーオフ1開幕から2勝1分けの2位につけるヘントは、5位のオーステンデをホームで迎え撃った。 ▽[4-2-3-1]から[3-4-3]にシステム変更したヘントは、久保を右ウイングで起用。試合は、ヘントがゴールレスで迎えた68分にオーステンデに先制を許すなど苦しい展開を強いられてしまう。 ▽そういった状況の中、73分には久保が躍動。味方がバイタルエリア右外から右足の鋭いクロスを供給すると、中央の久保が左足で合わせ、ゴール左に流し込み、ヘントが同点に追いついた。 ▽結局、試合は1-1で終了。久保の一発に救われたヘントはプレーオフ1を2勝2分けとした。27日に行われる次節、ズルテ・ワレヘムとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.22 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

インドネシア移籍のエッシェンとC・コールがデビューも労働許可証がなく出場停止に

▽今シーズンからインドネシアでプレーするペルシブ・バンドンの元ガーナ代表MFマイケル・エッシェンと元イングランド代表FWカールトン・コールが、労働許可証がないために出場停止を受けたようだ。『Ghanasoccernews』が報じた。 ▽エッシェンとC・コールは、15日に行われたリーグ開幕戦のアレマFC戦に出場。エッシェンは先発出場し78分までプレー、C・コールは後半開始からピッチに立っていた。また、愛媛FCでのプレー経験がある日本人FW松永祥兵は先発フル出場を果たしていたが、試合は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 ▽インドネシアデビューを果たしたエッシェンとC・コールだったが、政府が調査したところ労働許可証を持っていないままプレーしたことが発覚。移籍に際して、書類の処理が完了していないことが指摘され、クラブはそれを認めた。 ▽しかし、ペルシブ・バンドンは、試合前に労働許可証の処理を進めていたものの、試合までに処理が間に合わなかったとのこと。それでも、サッカー協会とリーグは出場を許可していたが、国として認めることができないと判断されたようだ。 ▽エッシェンらは違法移民であるとの疑いもかけられ、国外退去の可能性も報じられたが、どうやら最悪の事態は免れられそうだ。 2017.04.21 11:23 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこFW川澄が始球式で、岩隈が構えるミット目がけてノーバン投球!! イチローは同試合で今季初ホームラン!!

▽シアトル・レインのなでしこジャパンFW川澄奈穂美が、マリナーズvsマーリンズの始球式を行った。 ▽川澄は、19日にセーフコフィールドで行われたマリナーズvsマーリンズの始球式に登場。キャッチャーには、マリナーズの岩隈久志投手がつき、大きく首を振ってサインを拒む真似をするなど会場を沸かせ、ノーバウンドでミット目がけて投じた。 ▽なお、この試合に9番・ライトでスタメン出場を果たしたイチロー外野手は、4打席目にかつての本拠地で今季第1号となるソロホームランを放っている。 2017.04.20 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

天津に移籍のパト、すっかり中国になじむ…黒マスク姿でPM2.5対策は完璧?

中国スーパーリーグ(CSL)の天津権健に所属するブラジル代表のFWアレシャンドレ・パトが17日、マスクを愛用する姿をSNSで公開した。パトは今冬話題となった中国クラブによる爆買いでCSLに加わった選手の1人だ。スペインのビジャレアルから元イタリア代表のファビオ・カンナバーロが指揮を執る天津に加入した。これまで5試合に先発出場し、15日に行われた上海上港戦(1-1)では1ゴールを挙げている。 パトは17日、北京南駅で記念写真を撮影し、自身のSNSにアップした。北京では深刻な大気汚染が心配されるためか黒いマスク姿を披露し、万全のスモッグ対策ですっかり中国の習慣に適応している様子を見せた。メッセージではマスクについて触れることなく、「みんな見て、鉄道駅だけどサッカースタジアムみたいだ!! 混雑しているよ」と、人で溢れかえる構内に驚いた様子だった。提供:goal.com 2017.04.19 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

オフサイド確認にスローイン増加? ブラジルでセクシー女性副審が話題に

▽ブラジル国内でセクシー女性副審の登場が大きな話題になっているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ▽今回、ブラジル国内の男性サッカーファンの注目を集めたのが、サンパウロ州の下部リーグの試合で副審を務めている女性レフェリーのデニース・ブエノ。 ▽デニース・ブエノは、サンパウロ界隈では美人レフェリーとして知られているが、同副審は先日『グローボ』のインタビューで「私は自分のことをセクシーと思っていないわ。私はそれよりもプロとして認められたいの」と、見た目ではなくあくまでレフェリングを評価されたいと語っていた。 ▽しかし、先日のアマチュアリーグの試合で男性主審ともう一人の女性副審と共に、なぜか白のTシャツを着用して試合を裁いたデニース・ブエノは、そのTシャツの下にアンダーウェアを着用せず。暑さの影響か、初めから濡らしていたのか、白の無地のTシャツは完全にスケスケとなっており、試合前の集合写真には両チームの選手がニヤニヤしながら露骨に胸元を見ている様子が写されていた。 ▽恐らく、同試合では副審のセクシーな姿を見るために執拗なオフサイドのアピールや、不必要にタッチにクリアしてのスローインなど、男性選手たちの工夫を凝らしたプレーが随所に見られたはずだ。 ▽それにしても、「見た目でなくプロとして評価されたい」との絶妙なフリから露骨にセクシーアピールを行ったデニース・ブエノの売名行為は、逆にすがすがしさを感じるくらいだ。 ◆選手はプレーに集中できません… https://twitter.com/Futbolmerkez/status/854331199342469120 2017.04.18 22:51 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンで悲劇…サポーターが同チームサポーターにスタンドから突き落とされ死亡

▽アルゼンチン1部リーグのベルグラーノvsタジェレスの一戦で、サポーターが同チームサポーターにスタンドから突き落とされ死亡したようだ。ベルグラーノが17日にクラブ公式サイトで声明を発表した。 ▽試合は15日に行われ、両チームはライバル関係にあり、この試合はダービーであり両サポーターが試合前から盛り上がっていた。 ▽そんな中、ベルグラーノのサポーターがスタンドに居たエマヌエル・バルボさんを、ライバルチームのサポーターだと叫び、これに怒った他のサポーターたちが押し寄せ、スタンドから落下。頭部を強打し病院に搬送されたが、2日後に脳死と宣告された。 ▽ベルグラーノはクラブ公式サイトを通じて「ベルグラーノはエマヌエル・バルボの氏を悼みます。このような事故が起こったイベントを主催するものとして、関連各所とともに原因を調査します」と声明を発表し、バルボさんの死を発表した。 ▽また、アルゼンチンサッカー協会(AFA)も声明を発表。「アルゼンチンサッカー協会は、CAベルグラーノ・デ・コルドバのサポーターであるエマヌエル・バルボの死をとても悲しんでいます」と1人のファンの氏に哀悼の意を表した。 ▽なお、複数メディアの報道によると、今回の事件で4名がすでに逮捕されているとのことだ。 2017.04.18 22:08 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング